電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-07-31 14:25
Improvement for Throughput and Fairness in Multi-hop Wireless Ad-hoc Networks
Nguyen Minh TuanKenji NakagawaKohei WatabeNagaoka Univ. of Tech.
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) Using the protocol IEEE 802.11, multi-hop wireless ad hoc networks yield only a poor performance, especially in throughput and fairness. When the offered load becomes large, i.e. the system is in saturation state, long-distance flows suffer a high degree of throughput deterioration. These problems not only come from medium contention at the MAC layer but are due to the link layer. In this paper, we propose a method to solve the throughput degradation and unfairness problem by providing fair treatment between flows at the link-layer. In our proposed method, a fair scheduling algorithm using round robin queue and the estimation for the average interval of packet enqueueing is applied to alleviate the unfairness problem at both MAC and link layer. The simulation results reveal that our proposed method is able to achieve better throughput and fairness compared to the standard IEEE 802.11. 
(英) Using the protocol IEEE 802.11, multi-hop wireless ad hoc networks yield only a poor performance, especially in throughput and fairness. When the offered load becomes large, i.e. the system is in saturation state, long-distance flows suffer a high degree of throughput deterioration. These problems not only come from medium contention at the MAC layer but are due to the link layer. In this paper, we propose a method to solve the throughput degradation and unfairness problem by providing fair treatment between flows at the link-layer. In our proposed method, a fair scheduling algorithm using round robin queue and the estimation for the average interval of packet enqueueing is applied to alleviate the unfairness problem at both MAC and link layer. The simulation results reveal that our proposed method is able to achieve better throughput and fairness compared to the standard IEEE 802.11.
キーワード (和) fairness / multihop wireless / / / / / /  
(英) fairness / multihop wireless / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 159, NS2015-64, pp. 159-164, 2015年7月.
資料番号 NS2015-64 
発行日 2015-07-23 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCC ASN RCS NS SR  
開催期間 2015-07-29 - 2015-07-31 
開催地(和) JA長野県ビル 
開催地(英) JA Naganoken Bldg. 
テーマ(和) 無線分散ネットワーク,M2M (Machine-to-Machine),D2D (Device-to-Device),一般 
テーマ(英) Wireless Distributed Network, M2M: Machine-to-Machine, D2D (Device-to-Device),etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2015-07-RCC-ASN-RCS-NS-SR 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Improvement for Throughput and Fairness in Multi-hop Wireless Ad-hoc Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) fairness / fairness  
キーワード(2)(和/英) multihop wireless / multihop wireless  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) Nguyen Minh Tuan / Nguyen Minh Tuan /
第1著者 所属(和/英) Nagaoka University of Technology (略称: 長岡技科大)
Nagaoka University of Technology (略称: Nagaoka Univ. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) Kenji Nakagawa / Kenji Nakagawa /
第2著者 所属(和/英) Nagaoka University of Technology (略称: 長岡技科大)
Nagaoka University of Technology (略称: Nagaoka Univ. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) Kohei Watabe / Kohei Watabe /
第3著者 所属(和/英) Nagaoka University of Technology (略称: 長岡技科大)
Nagaoka University of Technology (略称: Nagaoka Univ. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-07-31 14:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2015-64 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.159 
ページ範囲 pp.159-164 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2015-07-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会