電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-07-31 13:35
Non-full bufferトラヒックモデルを考慮した下りリンク非直交多元接続(NOMA)のシステム性能評価
齋藤祐也ベンジャブール アナスNTTドコモ)・Anxin Li都科摩北京通信技研)・武田和晃岸山祥久中村武宏NTTドコモ
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 筆者らは周波数利用効率のさらなる向上を実現するための要素技術の一つとして,シリアル干渉キャンセラ(SIC: Successive Interference Canceller)等の複数信号分離処理を適用した非直交多元接続(NOMA: Non-Orthogonal Multiple Access)を検討してきた.現在,様々な無線環境においてNOMAのシステム性能を明らかにすることを目的とし,NOMAで必須となるマルチユーザペアリング,送信電力制御およびMIMOとの組み合わせ等の検討が産学における研究だけでなく3GPPなどの標準化団体においても活発に議論されている[5-13].これまでのNOMAのシステム評価は主にFull bufferトラヒックモデルが適用されてきた.しかしながら,実環境においてトラヒックは多種多様であるため,Non-full bufferトラヒックモデルを考慮したNOMAのさらなるシステム評価が重要となる.本稿では,下りリンクNOMAを対象に有限長のパケットサイズおよび到達率を考慮したNon-full bufferトラヒックモデル環境下におけるスループット特性をシステムレベルシミュレーションにより評価する.計算機シミュレーションの結果から,Non-full bufferトラヒックにおいてもOMAと比較してNOMAはより大きなスループット利得が得られることを示すとともに,より小さいパケットサイズにおいてもNOMAが有効であることを明らかにする. 
(英) For the past few years, we proposed non-orthogonal multiple access (NOMA) as a promising multiple access scheme for further improvement of spectrum efficiency for LTE enhancements and the 5th generation mobile communications system (5G). Currently, the system performance of NOMA, considering practical assumptions, different deployment scenarios and NOMA specific functionalities, including multi-user pairing, transmit power allocation, and combination with MIMO is being evaluated and discussed in academia, industry, and standardization organizations [5-13]. In addition, the most of existing evaluations for NOMA focus on the full buffer traffic model, which is widely adopted for the evaluation of mobile radio access system. However, further investigations with non-full buffer traffic model are also important to clarify the system performance and enable the support of different types of traffic by NOMA. This paper investigates the system level performance of NOMA with non-full buffer traffic model for different levels of packet arrival rates and sizes. Based on the computer simulations, we show that for non-full buffer case, NOMA can also provide a large performance gain compared to that of OMA even for small packet sizes.
キーワード (和) 非直交多元接続 / シリアル干渉キャンセラ / MIMO / Non-full buffer traffic model / / / /  
(英) Non-orthogonal multiple access / NOMA / successive interference canceller / MIMO / Non-full buffer traffic model / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 160, RCS2015-125, pp. 145-150, 2015年7月.
資料番号 RCS2015-125 
発行日 2015-07-22 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCC ASN RCS NS SR  
開催期間 2015-07-29 - 2015-07-31 
開催地(和) JA長野県ビル 
開催地(英) JA Naganoken Bldg. 
テーマ(和) 無線分散ネットワーク,M2M (Machine-to-Machine),D2D (Device-to-Device),一般 
テーマ(英) Wireless Distributed Network, M2M: Machine-to-Machine, D2D (Device-to-Device),etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2015-07-RCC-ASN-RCS-NS-SR 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) Non-full bufferトラヒックモデルを考慮した下りリンク非直交多元接続(NOMA)のシステム性能評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) System-Level Evaluation of Downlink Non-Orthogonal Multiple Access (NOMA) for Non-Full Buffer Traffic Model 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 非直交多元接続 / Non-orthogonal multiple access  
キーワード(2)(和/英) シリアル干渉キャンセラ / NOMA  
キーワード(3)(和/英) MIMO / successive interference canceller  
キーワード(4)(和/英) Non-full buffer traffic model / MIMO  
キーワード(5)(和/英) / Non-full buffer traffic model  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 齋藤 祐也 / Yuya Saito / サイトウ ユウヤ
第1著者 所属(和/英) 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC (略称: NTT docomo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) ベンジャブール アナス / Anass Benjebbour / ベンジャブール アナス
第2著者 所属(和/英) 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC (略称: NTT docomo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) Anxin Li / Anxin Li / アンキシン リ
第3著者 所属(和/英) 都科摩北京通信技術研究中心 (略称: 都科摩北京通信技研)
DOCOMO Beijing Communications Laboratories Co., Ltd (略称: DOCOMO Beijing Communications Laboratories)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 武田 和晃 / Kazuaki Takeda / タケダ カズアキ
第4著者 所属(和/英) 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC (略称: NTT docomo)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 岸山 祥久 / Yoshihisa Kishiyama / キシヤマ ヨシヒサ
第5著者 所属(和/英) 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC (略称: NTT docomo)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 武宏 / Takehiro Nakamura / ナカムラ タケヒロ
第6著者 所属(和/英) 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC (略称: NTT docomo)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-07-31 13:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2015-125 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.160 
ページ範囲 pp.145-150 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2015-07-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会