電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-07-31 13:35
異種のアクセスポイントを有する無線LANの動作AP構成アルゴリズム
ムハマド セリム アル マムンムハマド エズハルル イスラム舩曵信生岡山大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,無線LAN では,従来の専用アクセスポイント(AP)に加え,仮想AP やモバイルルータといった,多様なインターネット接続用無線AP が,その優れた可搬性により利用されている.その結果,それらの間で発生する強い干渉のために,通信性能の劣化が生じている.本研究では,先行研究におけるAP 集約アルゴリズムの拡張により,多様なAP を有する無線LAN において,通信性能要求を保証するために動作AP を適正化する,動作AP 構成アルゴリズムを提案する.本アルゴリズムでは,3 種類のAP のインターネット接続帯域の違いと,モバイルルータ以外の全AP に対する利用可能帯域の制限を考慮している.WIMNET シミュレータを用いたシミュレーションによ
り,本提案の有効性を検証する. 
(英) Recently, a variety of wireless access points (APs) have been used for wireless local area networks (WLANs), including virtual APs and mobile routers in addition to conventional dedicated APs with wired connec-
tions to the Internet due to the portability. Then, the network performance may be degraded because of strong interferences among them. In this paper, we present an active AP con guration algorithm for WLANs with hetero-geneous APs to properly activate APs to ensure the required network performance by extending the previous AP aggregation algorithm. In this algorithm, we consider the bandwidth difference in the Internet connection among three different devices and the total available bandwidth constraint for all the APs other than mobile routers in the
network. We verify the effectiveness of our proposal through simulations using the WIMNET simulator.
キーワード (和) 無線LAN / 動作アクセスポイント / 仮想アクセスポイント / モバイルルータ / IEEE 802.11n / / /  
(英) Wireless local area network / active access-point / virtual access-point / mobile router / IEEE 802.11n / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 159, NS2015-62, pp. 147-152, 2015年7月.
資料番号 NS2015-62 
発行日 2015-07-23 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCC ASN RCS NS SR  
開催期間 2015-07-29 - 2015-07-31 
開催地(和) JA長野県ビル 
開催地(英) JA Naganoken Bldg. 
テーマ(和) 無線分散ネットワーク,M2M (Machine-to-Machine),D2D (Device-to-Device),一般 
テーマ(英) Wireless Distributed Network, M2M: Machine-to-Machine, D2D (Device-to-Device),etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2015-07-RCC-ASN-RCS-NS-SR 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) 異種のアクセスポイントを有する無線LANの動作AP構成アルゴリズム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An Active Access-Point Configuration Algorithm for Wireless Local Area Networks with Heterogeneous Devices 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線LAN / Wireless local area network  
キーワード(2)(和/英) 動作アクセスポイント / active access-point  
キーワード(3)(和/英) 仮想アクセスポイント / virtual access-point  
キーワード(4)(和/英) モバイルルータ / mobile router  
キーワード(5)(和/英) IEEE 802.11n / IEEE 802.11n  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) ムハマド セリム アル マムン / Md. Selim Al Mamun / ムハマド セリム アル マムン
第1著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) ムハマド エズハルル イスラム / Md. Ezharul Islam / ムハマド エズハルル イスラム
第2著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 舩曵 信生 / Nobuo Funabiki / フナビキ ノブオ
第3著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-07-31 13:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2015-62 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.159 
ページ範囲 pp.147-152 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2015-07-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会