電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-07-31 13:10
アップリンクシングルキャリア非直交マルチアクセスに適した送信電力制御法の一検討
後藤淳悟中村 理横枕一成浜口泰弘シャープ)・衣斐信介三瓶政一阪大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では,アップリンクシングルキャリア非直交マルチアクセス (SC-NOMA: Single Carrier Non-orthogonal Multiple Access) に適した送信電力制御 (TPC: Transmit Power Control) の検討を行う.SC-NOMAでは,複数のユーザの信号を非直交多重することによりシステムキャパシティを増大でき,結果的に多くのユーザの多重によるセルスループットの増加を実現できる.一方,セルラシステムのアップリンクでは,送信局であるUE (User Equipment) にTPCが適用される.ここで,UEの最大送信電力は基地局と比べて低い値に制限されており,さらにアップリンクのTPCは,1リソース当たりの電力スペクトル密度をデータ伝送に用いる帯域幅に依らず一定として,帯域幅に比例するよう送信電力を制御する.そのため,最大送信電力に達した(パワーリミテッドな)UEは帯域幅を広げることができず,非直交多重ゲインが得られない可能性がある.そこで,本稿では,チャネル容量が割当帯域幅に比例する点に着目し,1リソース当たりの電力スペクトル密度を動的に変えることで各UEに割当可能な帯域幅を広くするTPCを検討する.計算機シミュレーションにより,パワーリミテッドなUEが多い環境下においてSC-NOMAが良好なセルスループット特性となることを示す. 
(英) This paper investigates a strategy of transmit power control (TPC) for uplink single carrier non-orthogonal multiple access (SC-NOMA). SC-NOMA can boost system capacity with the assistance of non-orthogonally multiplexing users’ signals. As a result, SC-NOMA is capable of increasing the cell throughput by non-orthogonally multiplexing more users’ signals. On the other hand, a user, who is transmit point in uplink transmission, adopts TPC. Uplink TPC restricts the maximum transmit power for a user less than the maximum transmit power for an evolved Node B (eNB) in downlink transmission. Moreover, it increases transmit power commensurate with used bandwidth for data transmission in order to keep power spectrum density. Since a power-limited UE which reaches the maximum transmit power cannot expand the used bandwidth, the gain of the SC-NOMA may not be obtained. Focusing on channel capacity commensurate with bandwidth, this paper studies a TPC method for the SC-NOMA which can dynamically set power spectrum density. Consequently, the TPC method can expand the used bandwidth for each user. Computer simulations show that SC-NOMA can obtain high cell throughput even under the condition where many power-limited UEs exist.
キーワード (和) シングルキャリア / 非直交マルチアクセス / 送信電力制御 / / / / /  
(英) Single carrier / Non-orthogonal multiple access / Transmit power control / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 160, RCS2015-124, pp. 139-144, 2015年7月.
資料番号 RCS2015-124 
発行日 2015-07-22 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCC ASN RCS NS SR  
開催期間 2015-07-29 - 2015-07-31 
開催地(和) JA長野県ビル 
開催地(英) JA Naganoken Bldg. 
テーマ(和) 無線分散ネットワーク,M2M (Machine-to-Machine),D2D (Device-to-Device),一般 
テーマ(英) Wireless Distributed Network, M2M: Machine-to-Machine, D2D (Device-to-Device),etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2015-07-RCC-ASN-RCS-NS-SR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) アップリンクシングルキャリア非直交マルチアクセスに適した送信電力制御法の一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Transmit Power Control for Uplink Single Carrier Non-orthogonal Multiple Access 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) シングルキャリア / Single carrier  
キーワード(2)(和/英) 非直交マルチアクセス / Non-orthogonal multiple access  
キーワード(3)(和/英) 送信電力制御 / Transmit power control  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 後藤 淳悟 / Jungo Goto / ゴトウ ジュンゴ
第1著者 所属(和/英) シャープ株式会社 (略称: シャープ)
Sharp Corporation (略称: Sharp)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 理 / Osamu Nakamura / ナカムラ オサム
第2著者 所属(和/英) シャープ株式会社 (略称: シャープ)
Sharp Corporation (略称: Sharp)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 横枕 一成 / Kazunari Yokomakura / ヨコマクラ カズナリ
第3著者 所属(和/英) シャープ株式会社 (略称: シャープ)
Sharp Corporation (略称: Sharp)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 浜口 泰弘 / Yasuhiro Hamaguchi / ハマグチ ヤスヒロ
第4著者 所属(和/英) シャープ株式会社 (略称: シャープ)
Sharp Corporation (略称: Sharp)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 衣斐 信介 / Shinsuke Ibi / イビ シンスケ
第5著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 三瓶 政一 / Seiichi Sampei / サンペイ セイイチ
第6著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-07-31 13:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2015-124 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.160 
ページ範囲 pp.139-144 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2015-07-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会