電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-07-31 15:50
ユーザPCコンピューティングシステムにおけるワーカ機能のWindows実装と評価
浅井祐介舩曵信生青柳有輝岡山大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本グループでは,マスタ・ワーカモデルに基づき,大学の研究室といった同一組織内のメンバが使用するPC(ユーザPC)の遊休計算資源(CPUサイクル)を利用することで,並列計算環境を実現する,
ユーザPCコンピューティングシステム(UPC: User-PC Computing
system)を提案・実装している.これまでの研究では,UPCのワーカとして,Linuxを用いたPCにのみ対応してきた.しかし,ユーザのPCの大半はWindowsを用いており,その対応が必須である.本研究では,
Linux PC用のワーカプログラムをベースとして,Windows
PC向けの実装を行う.ここでは,マスタとの通信,ジョブ計算の基本機能に加え,CPU使用率の制限,OSブート時のワーカ自動起動,バックグラウンド実行といったPC所有者の負担を考慮した機能を実現している.評価の結果,プロセス起動時以外はCPU使用率が制限値を越えないこと,Windows
PCワーカの実行時間はLinux PCワーカの約2倍になることが明らかとなった. 
(英) We have proposed and implemented the User-PC computing (UPC) system as a parallel computing platform using idling computing resources or CPU cycles in personal computers (PCs) of members in the same organization such as a laboratory in a university. Previously, our implementation of both master and worker has used PCs with Linux OS. However, since a lot of PC users use Windows OS, the worker of UPC must support it. In this paper, we present an implementation of the UPC worker for Windows PC based on the implementation for Linux PC. In this implementation, we realize the CPU usage rate limitation, the automatic activation of the worker program at OS booting, and the background processing that are necessary to reduce loads of the PC owner, in addition to basic functions of communications with the master and job executions. Through evaluations, we show that the CPU usage rate does not exceed the specified limitation except for the starting time and the execution time at a Windows PC becomes about twice of that at a Linux PC.
キーワード (和) ユーザPCコンピューティング / 並列計算 / マスタ / ワーカ / Windows / / /  
(英) User-PC computing / parallel computation / master / worker / Windows / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 159, NS2015-67, pp. 175-180, 2015年7月.
資料番号 NS2015-67 
発行日 2015-07-23 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCC ASN RCS NS SR  
開催期間 2015-07-29 - 2015-07-31 
開催地(和) JA長野県ビル 
開催地(英) JA Naganoken Bldg. 
テーマ(和) 無線分散ネットワーク,M2M (Machine-to-Machine),D2D (Device-to-Device),一般 
テーマ(英) Wireless Distributed Network, M2M: Machine-to-Machine, D2D (Device-to-Device),etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2015-07-RCC-ASN-RCS-NS-SR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ユーザPCコンピューティングシステムにおけるワーカ機能のWindows実装と評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Implementation and Evaluation of Worker Program on Windows OS for User PC Computing System 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ユーザPCコンピューティング / User-PC computing  
キーワード(2)(和/英) 並列計算 / parallel computation  
キーワード(3)(和/英) マスタ / master  
キーワード(4)(和/英) ワーカ / worker  
キーワード(5)(和/英) Windows / Windows  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 浅井 祐介 / Yusuke Asai / アサイ ユウスケ
第1著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 舩曵 信生 / Nobuo Funabiki / フナビキ ノブオ
第2著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 青柳 有輝 / Yuki Aoyagi / アオヤギ ユウキ
第3著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-07-31 15:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2015-67 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.159 
ページ範囲 pp.175-180 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2015-07-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会