電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-07-31 14:25
高周波数帯Massive MIMOハイブリッドビームフォーミングにおけるPAPR低減法の効果
須山 聡奥山達樹小原辰徳奥村幸彦NTTドコモRCS2015-127
抄録 (和) 超高速・大容量5G無線アクセスネットワークを実現するため,ファントムセルコンセプトに基づいて高周波数帯スモールセルを導入し,さらにMassive MIMOを基地局に適用することで超高速伝送を実現する検討が行われている.従来の検討では,20 GHz帯20 Gbps Massive MIMO OFDM伝送において,スループットと帯域外放射電力の観点で送信電力増幅器(HPA)による非線形歪みの影響をシミュレーションにより評価し,帯域外放射電力の方がHPAに高い線形性と入力バックオフを要求することが明らかにされている.本報告では,デジタルプリコーディングとサブアレー型アナログビームフォーミング(BF)を組み合わせたハイブリッドBFを用いるMassive MIMO伝送において,ピーク対平均電力比(PAPR)低減法としてクリッピング・フィルタリング(CF)を用いたときの効果を明らかする.具体的には,計算機シミュレーションによりHPAによる非線形歪み環境下における20 Gbps伝送のスループットと帯域外放射電力を示し,CFにより帯域外放射電力を抑えながら,20 Gbpsを超えるスループットを実現できることを明らかにする. 
(英) In order to realize 5G radio access network with super high bit rate and high capacity, super high bit rate transmission is being investigated by introducing small cells using higher frequency bands based on Phantom Cell concept and applying Massive MIMO technology to a base station. In the previous study, the influence of nonlinear distortion caused by high power amplifiers (HPAs) on 20 GHz band 20 Gbps Massive MIMO OFDM transmission has been evaluated by computer simulations in terms of throughput and out-of-radiation and it has been clarified that the out-of-radiation requires the higher linearity and the input back off. This report shows effect of a peak-to-average power ratio (PAPR) reduction method based on clipping and filtering (CF) for Massive MIMO hybrid beamforming (BF) that combines digital precoding with sub-array type analog BF. Concretely, computer simulations show throughput performance and out-of-band radiation of the 20 Gbps transmission under the nonlinear distortion caused by the HPAs and it is clarified that CF can effectively reduce the out-of-band radiation and achieve over 20 Gbps throughput in the Massive MIMO hybrid BF transmission.
キーワード (和) Massive MIMO / ハイブリッドビームフォーミング / 送信電力増幅器 / 非線形歪み / PAPR低減 / / /  
(英) Massive MIMO / Hybrid beamforming / High power amplifier / Nonlinear distortion / PAPR reduction / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 160, RCS2015-127, pp. 157-162, 2015年7月.
資料番号 RCS2015-127 
発行日 2015-07-22 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2015-127

研究会情報
研究会 RCC ASN RCS NS SR  
開催期間 2015-07-29 - 2015-07-31 
開催地(和) JA長野県ビル 
開催地(英) JA Naganoken Bldg. 
テーマ(和) 無線分散ネットワーク,M2M (Machine-to-Machine),D2D (Device-to-Device),一般 
テーマ(英) Wireless Distributed Network, M2M: Machine-to-Machine, D2D (Device-to-Device),etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2015-07-RCC-ASN-RCS-NS-SR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 高周波数帯Massive MIMOハイブリッドビームフォーミングにおけるPAPR低減法の効果 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Effect of PAPR Reduction Method for Massive MIMO Hybrid Beamforming Using High Frequency Bands 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Massive MIMO / Massive MIMO  
キーワード(2)(和/英) ハイブリッドビームフォーミング / Hybrid beamforming  
キーワード(3)(和/英) 送信電力増幅器 / High power amplifier  
キーワード(4)(和/英) 非線形歪み / Nonlinear distortion  
キーワード(5)(和/英) PAPR低減 / PAPR reduction  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 須山 聡 / Satoshi Suyama / スヤマ サトシ
第1著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 奥山 達樹 / Tatsuki Okuyama / オクヤマ タツキ
第2著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小原 辰徳 / Tatsunori Obara / オバラ タツノリ
第3著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 奥村 幸彦 / Yukihiko Okumura / オクムラ ユキヒコ
第4著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-07-31 14:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2015-127 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.160 
ページ範囲 pp.157-162 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2015-07-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会