電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-07-31 12:45
斜め交差道路におけるITS車車間/路車間通信用伝搬損失モデル ~ 送受信点間にパス遮蔽物がない場合 ~
神田高宏多賀登喜雄関西学院大AP2015-55
抄録 (和) 本報告では、斜め交差道路におけるITS車車間/路車間通信用の760MHz帯伝搬損失モデル式を提案する。今回提案するモデルは、送受信点間伝搬パスに走行車両などによる遮蔽が発生しない状況下すなわち先頭車両間での伝搬モデルである。2つの直線道路が45°~135°の交差角度の範囲(90°は直交交差に相当)に対する斜め交差・見通し外道路での伝搬損失データを幾何光学理論に基づいて計算し、伝搬損失を目的変数、道路幅、道路交差角度、送受信点間距離、送受信点位置、送受信点高を説明変数として回帰分析を行い、低アンテナ高伝搬損失推定式を導出している。 
(英) This paper proposes a regression model of propagation loss in obliquely crossed road which can apply to not only the inter-vehicles communications but also road to vehicle and pedestrian to vehicle communications. For 760 MHz band specified in the ITS Standard in Japan, a regression formula is developed from predicted distance characteristics of propagation loss based on geometric optics theory. In the regression analysis, the propagation loss is set as objective variable and propagation distance, distances from building wall in road side to locations of both transmitter and receiver, road widths, heights of transmission and receiving antennas, and angle of intersecting streets are set as explanatory variables.
キーワード (和) ITS / 斜め交差道路 / 伝搬損失 / 見通し外道路 / 回帰式 / / /  
(英) obliquely-crossed road / propagation loss model / NLOS road / regression analysis / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 164, AP2015-55, pp. 89-93, 2015年7月.
資料番号 AP2015-55 
発行日 2015-07-23 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード AP2015-55

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2015-07-30 - 2015-07-31 
開催地(和) 稚内総合文化センター 
開催地(英) Wakkanai Sougou Bunka Center 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) Propagation Special, Antenna and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2015-07-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 斜め交差道路におけるITS車車間/路車間通信用伝搬損失モデル 
サブタイトル(和) 送受信点間にパス遮蔽物がない場合 
タイトル(英) A Regression Formula of Propagation Loss in Obliquely-Crossed Road for Inter-Vehicle and Pedestrian-to-Vehicle Communications 
サブタイトル(英) In a case of No Path Shadowing between Transmitter and Receiver 
キーワード(1)(和/英) ITS / obliquely-crossed road  
キーワード(2)(和/英) 斜め交差道路 / propagation loss model  
キーワード(3)(和/英) 伝搬損失 / NLOS road  
キーワード(4)(和/英) 見通し外道路 / regression analysis  
キーワード(5)(和/英) 回帰式 /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 神田 高宏 / Takahiro Kanda / カンダ タカヒロ
第1著者 所属(和/英) 関西学院大学 (略称: 関西学院大)
Kwansei Gakuin University (略称: Kwansei Gakuin Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 多賀 登喜雄 / Tokio Taga / タガ トキオ
第2著者 所属(和/英) 関西学院大学 (略称: 関西学院大)
Kwansei Gakuin University (略称: Kwansei Gakuin Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-07-31 12:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2015-55 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.164 
ページ範囲 pp.89-93 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-AP-2015-07-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会