電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-07-30 10:30
[ポスター講演]無線LANにおける端末密集環境を考慮したContention Window初期値調整方式の提案
伊藤僚平野林大起池永全志九工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 携帯型情報端末の急速な普及により,端末密集環境での無線 LAN 利用によるスループットの低下が問題視されている.この原因として,1 台の Access Point (AP) に接続している端末台数に対して Carrier Sense Multiple Access with Collision Avoidance (CSMA/CA) で使用される Contention Window (CW) の初期値 (CWmin) が小さいため,フレーム衝突の頻発による無線チャネルの実効帯域の低下が挙げられる.本研究では 1 台の AP に対して多くの端末が接続する環境を想定し,端末密集環境に対応可能な CW 調整方式を提案する.本手法では,AP が周期的にチャネル利用率と AP へフレームを送信する端末台数を計測する.AP はこれらのパラメータから CWmin の値を決定し,ビーコンを利用して無線 LAN 配下の端末に CWmin の値を通知する.各端末は通知された CWmin でバックオフ制御を行い,初回送信時の衝突確率を低減させることでスループットの改善を実現する.提案手法をシミュレーションにより評価し,端末密集環境での有効性を示す. 
(英) Portable information devices with a wireless LAN interface, such as smartphones and tablet computers, have been spreading rapidly.Therefore, high density of stations instigate severe degradation of area throughput in wireless LANs.One factor is that an initial value of minimum contention windows size (CWmin) in existent Carrier Sense Multiple Access with Collision Avoidance (CSMA/CA) is small for the number of stations. Because smaller CWmin is not appropriate for high-density station, frame collisions attempt for sending of a frame and communication performance per a station decrease.In this paper, we assume that many stations are connected to a single access point (AP) and propose the media access control method for high-density station. In our proposed method, an AP measures channel utilization and the number of stations that are transmitting a frame to the AP at the time periodically.The AP switches a value of CWmin based on these parameters, and the AP informs value of new CWmin to stations using a beacon. We performed computer simulations in order to verify the performance of our scheme.The results show us that our proposed method outperforms the conventional CSMA/CA over wireless LAN in high-density station in terms of throughput.
キーワード (和) 無線LAN / メディアアクセス制御 / CSMA/CA / Contention Window / / / /  
(英) Wireless LAN / Media Access Control / CSMA/CA / Contention Window / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 159, NS2015-40, pp. 19-24, 2015年7月.
資料番号 NS2015-40 
発行日 2015-07-22 (RCC, RCS, SR, ASN), 2015-07-23 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCC ASN RCS NS SR  
開催期間 2015-07-29 - 2015-07-31 
開催地(和) JA長野県ビル 
開催地(英) JA Naganoken Bldg. 
テーマ(和) 無線分散ネットワーク,M2M (Machine-to-Machine),D2D (Device-to-Device),一般 
テーマ(英) Wireless Distributed Network, M2M: Machine-to-Machine, D2D (Device-to-Device),etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2015-07-RCC-ASN-RCS-NS-SR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 無線LANにおける端末密集環境を考慮したContention Window初期値調整方式の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Adaptive Initial Contention Window Control Scheme for Dense IEEE 802.11 Wireless LANs 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線LAN / Wireless LAN  
キーワード(2)(和/英) メディアアクセス制御 / Media Access Control  
キーワード(3)(和/英) CSMA/CA / CSMA/CA  
キーワード(4)(和/英) Contention Window / Contention Window  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 僚平 / Ryohei Ito / イトウ リョウヘイ
第1著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: KIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 野林 大起 / Daiki Nobayashi / ノバヤシ ダイキ
第2著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: KIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 池永 全志 / Takeshi Ikenaga / イケナガ タケシ
第3著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: KIT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-07-30 10:30:00 
発表時間 90 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-RCC2015-20,IEICE-NS2015-40,IEICE-RCS2015-103,IEICE-SR2015-21,IEICE-ASN2015-30 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.158(RCC), no.159(NS), no.160(RCS), no.161(SR), no.162(ASN) 
ページ範囲 pp.15-20(RCC), pp.19-24(NS), pp.17-22(RCS), pp.33-38(SR), pp.55-60(ASN) 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCC-2015-07-22,IEICE-NS-2015-07-23,IEICE-RCS-2015-07-22,IEICE-SR-2015-07-22,IEICE-ASN-2015-07-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会