電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-07-30 10:30
[ポスター講演]圧縮センシングを用いた差分遅延トモグラフィにおける基準経路選択に関する研究
大塚健広原 晋介阪市大)・松田崇弘阪大)・滝沢賢一小野文枝三浦 龍NICT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 遅延トモグラフィとは,ネットワーク内のエンド - エンドノード間の経路で測定された遅延時間を用いて,ネットワーク内のリンク遅延時間を推定する手法である.遅延トモグラフィを正確に行うためには,送受信ノード間での時刻同期が必要となるが,それは現実には困難である.送受信ノード間での時刻同期を必要としない遅延トモグ
ラフィとして,圧縮センシングを用いた差分遅延トモグラフィが提案されている.差分遅延トモグラフィでは,複数の経路で遅延を測定した後,その中から基準となる経路を選択し,その基準経路での遅延からの差分を使って異常リンクを同定する.差分化による性能劣化は理論的に解析されているが,基準経路の選択法については示されていない.本論文では,差分遅延トモグラフィについて,異常リンクの検出精度の決定要因である通常リンクのランダム遅延とクロックスキューを軽減する観点からの基準経路選択法を考察する. 
(英) Delay Tomography means to estimate link delays in a network by measuring end-to-end path delays. In order to perform delay tomography accurately, clock synchronization is required between transmitter and receiver nodes, but it is difficult in reality. As a scheme of delay tomography without clock synchronization between them, differential delay tomography based on compressed sensing has been proposed. In the differential delay tomography
scheme, first we measure end-to-end path delays, and then detect abnormal links by subtracting a selected path delay from all other path delays as a reference. The performance of the differential delay tomography scheme have
been theoretically analyzed, but how to select a reference path has been not well examined. In this paper, we discuss a reference path selection method for the differential delay tomography scheme in terms of reducing the effects of random delays in normal links and clock skew between transmitter and receiver nodes.
キーワード (和) ネットワークトモグラフィ / 圧縮センシング / 時刻同期 / / / / /  
(英) Network Tomography / Compressed Sensing / Clock Synchronization / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 158, RCC2015-22, pp. 27-32, 2015年7月.
資料番号 RCC2015-22 
発行日 2015-07-22 (RCC, RCS, SR, ASN), 2015-07-23 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCC ASN RCS NS SR  
開催期間 2015-07-29 - 2015-07-31 
開催地(和) JA長野県ビル 
開催地(英) JA Naganoken Bldg. 
テーマ(和) 無線分散ネットワーク,M2M (Machine-to-Machine),D2D (Device-to-Device),一般 
テーマ(英) Wireless Distributed Network, M2M: Machine-to-Machine, D2D (Device-to-Device),etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCC 
会議コード 2015-07-RCC-ASN-RCS-NS-SR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 圧縮センシングを用いた差分遅延トモグラフィにおける基準経路選択に関する研究 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Reference Path Selection in Differential Delay Tomography Using Compressed Sensing 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ネットワークトモグラフィ / Network Tomography  
キーワード(2)(和/英) 圧縮センシング / Compressed Sensing  
キーワード(3)(和/英) 時刻同期 / Clock Synchronization  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大塚 健広 / Takehiro Otsuka /
第1著者 所属(和/英) 大阪市立大学 (略称: 阪市大)
Osaka City University (略称: Osaka City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 原 晋介 / Shinsuke Hara /
第2著者 所属(和/英) 大阪市立大学 (略称: 阪市大)
Osaka City University (略称: Osaka City Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 松田 崇弘 / Takahiro Matsuda /
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 滝沢 賢一 / Kenichi Takizawa /
第4著者 所属(和/英) 国立研究開発法人情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 小野 文枝 / Fumie Ono /
第5著者 所属(和/英) 国立研究開発法人情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 三浦 龍 / Ryu Miura /
第6著者 所属(和/英) 国立研究開発法人情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-07-30 10:30:00 
発表時間 90 
申込先研究会 RCC 
資料番号 IEICE-RCC2015-22,IEICE-NS2015-42,IEICE-RCS2015-105,IEICE-SR2015-23,IEICE-ASN2015-32 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.158(RCC), no.159(NS), no.160(RCS), no.161(SR), no.162(ASN) 
ページ範囲 pp.27-32(RCC), pp.31-36(NS), pp.29-34(RCS), pp.45-50(SR), pp.67-72(ASN) 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCC-2015-07-22,IEICE-NS-2015-07-23,IEICE-RCS-2015-07-22,IEICE-SR-2015-07-22,IEICE-ASN-2015-07-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会