電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-07-30 10:30
[ポスター講演]データアグリゲーションを用いたセンサネットワークにおける遅延の抑制の検討
北村直樹六浦光一半田志郎田久 修笹森文仁信州大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) センサネットワークにおいて,消費電力の抑制は重要な課題である.一般に,ルータが他端末からのデータを中継転送する際,パケットサイズに対してデータサイズは小さく,パケットには空きがある.そこで,データを集約し一括で送信するデータアグリゲーションにより消費電力を抑制することができる.しかしながら,集約することで発生する遅延は避けられない.本研究ではこれまでに,データアグリゲーションの制御方式として遅延時間に上限を設ける送信方式を提案した.この方式によって,遅延の大きさを一定に保つ制御が可能であるが,所定の遅延まで送出を待機するため,無駄な遅延が発生する場合があった.そこで,無駄な遅延を削減するために,データの到着間隔に着目し,到着間隔の予測を利用した送信制御を提案する.本稿では,従来法と提案法それぞれシミュレーション評価を行い提案方式の有効性を示す. 
(英) In wireless sensor networks, to suppress power consumption is an important issue. Usually, when a router relays the data from other nodes, there may be unused slot in a packet, because data size is smaller than the packet size. Therefore, it is possible to save the power by the data aggregation which transmits multiple data in one packet waiting for arriving them. However, the delay is inevitable. In the previous study, we proposed the limited delay method which transmits data within specified maximum delay time. Though this method is possible to control the delay time under the specified maximum value, the useless delay might be produced, because the transmission of a packet must be waited for the predetermined delay time from the arrival of the first data. Therefore, in order to reduce this useless delay we propose new delay control method which predicts the arrival time of the next data using known interarrival time. In this paper, we show the effectiveness of the proposed method by simulation.
キーワード (和) センサネットワーク / データアグリゲーション / 遅延 / / / / /  
(英) Wireless Sensor Networks / Data Aggregation / Delay / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 161, SR2015-31, pp. 93-94, 2015年7月.
資料番号 SR2015-31 
発行日 2015-07-22 (RCC, RCS, SR, ASN), 2015-07-23 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCC ASN RCS NS SR  
開催期間 2015-07-29 - 2015-07-31 
開催地(和) JA長野県ビル 
開催地(英) JA Naganoken Bldg. 
テーマ(和) 無線分散ネットワーク,M2M (Machine-to-Machine),D2D (Device-to-Device),一般 
テーマ(英) Wireless Distributed Network, M2M: Machine-to-Machine, D2D (Device-to-Device),etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2015-07-RCC-ASN-RCS-NS-SR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) データアグリゲーションを用いたセンサネットワークにおける遅延の抑制の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study of Reducing Delay in Wireless Sensor Networks Using Data Aggregation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) センサネットワーク / Wireless Sensor Networks  
キーワード(2)(和/英) データアグリゲーション / Data Aggregation  
キーワード(3)(和/英) 遅延 / Delay  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 北村 直樹 / Naoki Kitamura / キタムラ ナオキ
第1著者 所属(和/英) 信州大学 (略称: 信州大)
Shinshu University (略称: Shinshu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 六浦 光一 / Kouichi Mutsuura / ムツウラ コウイチ
第2著者 所属(和/英) 信州大学 (略称: 信州大)
Shinshu University (略称: Shinshu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 半田 志郎 / Shiro Handa / ハンダ シロウ
第3著者 所属(和/英) 信州大学 (略称: 信州大)
Shinshu University (略称: Shinshu Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 田久 修 / Osamu Takyu / タキュウ オサム
第4著者 所属(和/英) 信州大学 (略称: 信州大)
Shinshu University (略称: Shinshu Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 笹森 文仁 / Fumihito Sasamori / ササモリ フミヒト
第5著者 所属(和/英) 信州大学 (略称: 信州大)
Shinshu University (略称: Shinshu Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-07-30 10:30:00 
発表時間 90 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-RCC2015-30,IEICE-NS2015-50,IEICE-RCS2015-113,IEICE-SR2015-31,IEICE-ASN2015-40 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.158(RCC), no.159(NS), no.160(RCS), no.161(SR), no.162(ASN) 
ページ範囲 pp.75-76(RCC), pp.79-80(NS), pp.77-78(RCS), pp.93-94(SR), pp.115-116(ASN) 
ページ数 IEICE-2 
発行日 IEICE-RCC-2015-07-22,IEICE-NS-2015-07-23,IEICE-RCS-2015-07-22,IEICE-SR-2015-07-22,IEICE-ASN-2015-07-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会