電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-07-30 10:30
[ポスター講演]下りリンク非直交多元接続における割り当てサブキャリア順序に関する検討
岡本英二名工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 次世代セルラシステムにおいては,ユーザの非直交多重を許容することでシステム容量を上げる提案がなされている.下りリンクのマルチキャリア非直交多元接続では,各サブバンドごとに単一か複数ユーザを割り当てる.このとき,通常ではそれまでに割り当てられたリソース数の少ないユーザが優先的に割り当てられるが,割り当て計算量削減のために前フレームまでの公平性のみが考慮されていた.そこで本稿では,対象フレーム割り当て中にも公平性を考慮し,さらに優先的に割り当てられるユーザがよいチャネルを選択できるように,サブバンドの割り当て順序を可変にする手法を提案する.そして計算機シミュレーションにより,提案手法が平均システム容量と公平性を同時に向上させることができることを示す. 
(英) In the next-generation mobile communication system, it is considered that a system capacity is enlarged by exploiting a non-orthogonal multiple user access. In downlink multicarrier non-orthogonal multiple access (NOMA) scheme, each subband is allocated to single or multiple users by using a scheduling algorithm. In this scheduling, the proportional fairness is usually considered and users with few allocated resources are assigned on a priority basis. However, the fairness up to previous frames to be allocated was taken into account to reduce the complexity of scheduling. Therefore, in this paper, we propose an improved scheduling scheme, where the fairness index is updated during the scheduling on a target frame, and also the subband order to be allocated is adaptively changed to make better subband selected to a priority user. Then, the priority user may be allocated into a good subband and the capacity is increased by the proposed scheme. Numerical results show that the proposed scheme can improve both the system capacity and the fairness among users simultaneously.
キーワード (和) 非直交多元接続 / スケジューリング / プロポーショナルフェア / MIMO / 下りリンク / / /  
(英) non-orthogonal multiple access / scheduling / proportional fair / MIMO / downlink / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 160, RCS2015-109, pp. 49-54, 2015年7月.
資料番号 RCS2015-109 
発行日 2015-07-22 (RCC, RCS, SR, ASN), 2015-07-23 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCC ASN RCS NS SR  
開催期間 2015-07-29 - 2015-07-31 
開催地(和) JA長野県ビル 
開催地(英) JA Naganoken Bldg. 
テーマ(和) 無線分散ネットワーク,M2M (Machine-to-Machine),D2D (Device-to-Device),一般 
テーマ(英) Wireless Distributed Network, M2M: Machine-to-Machine, D2D (Device-to-Device),etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2015-07-RCC-ASN-RCS-NS-SR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 下りリンク非直交多元接続における割り当てサブキャリア順序に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study on improved scheme of subcarrier allocation order in downlink non-orthogonal multiple access 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 非直交多元接続 / non-orthogonal multiple access  
キーワード(2)(和/英) スケジューリング / scheduling  
キーワード(3)(和/英) プロポーショナルフェア / proportional fair  
キーワード(4)(和/英) MIMO / MIMO  
キーワード(5)(和/英) 下りリンク / downlink  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡本 英二 / Eiji Okamoto / オカモト エイジ
第1著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NITech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-07-30 10:30:00 
発表時間 90 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCC2015-26,IEICE-NS2015-46,IEICE-RCS2015-109,IEICE-SR2015-27,IEICE-ASN2015-36 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.158(RCC), no.159(NS), no.160(RCS), no.161(SR), no.162(ASN) 
ページ範囲 pp.47-52(RCC), pp.51-56(NS), pp.49-54(RCS), pp.65-70(SR), pp.87-92(ASN) 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCC-2015-07-22,IEICE-NS-2015-07-23,IEICE-RCS-2015-07-22,IEICE-SR-2015-07-22,IEICE-ASN-2015-07-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会