お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-07-30 10:30
[ポスター講演]MIMO固有モード伝送におけるチャネル情報フィードバック手法に関する一考察
洞井裕介井家上哲史明大RCC2015-24 NS2015-44 RCS2015-107 SR2015-25 ASN2015-34
抄録 (和) フィードバック手法により送信側と受信側の双方で伝搬チャネル情報を取得するMIMO(multiple-input multiple-output)固有モード伝送を時変動チャネルで行う場合,フィードバック遅延による通信性能の劣化が問題となる.本稿では,ITU-R M.2135-1伝搬モデルにおける時変動チャネルモデルを使用した計算機シミュレーションにより,固有値が近接しているほど受信信号の位相変動が増大し,通信性能が劣化することを示した.さらに,この特徴を利用して固有値差によるフィードバック時間間隔適応制御を構築し,平均誤り率特性のシミュレーション評価を行った.そして構築した適応制御により,フィードバック遅延による通信性能の劣化を軽減することができ,チャネルの空間相関が大きいほどこの軽減効果が大きくなることを明らかにした. 
(英) A degraded communication performance from feedback delay has been recognized in multiple-input multiple-output (MIMO) eigenbeam space-division multiplexing (E-SDM) in time-varying channel. In this study, degraded communication performance by increased phase angle variation velocities is reported because the transmission weight becomes increasingly sensitive to smaller gaps between eigenvalues. In addition, it is indicated that the communication performance is improved in MIMO E-SDM based on adaptive control of the channel feedback time period by using the eigenvalue gap as an input parameter. The adaptive control is more effective in the case of increasing spatial correlation.
キーワード (和) MIMO / 固有モード伝送 / 時変動チャネル / フィードバック遅延 / 固有値近接 / 空間相関 / /  
(英) MIMO / E-SDM / Time-varying channel / Feedback delay / Close Eigenvalues / Spatial correlations / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 160, RCS2015-107, pp. 37-42, 2015年7月.
資料番号 RCS2015-107 
発行日 2015-07-22 (RCC, RCS, SR, ASN), 2015-07-23 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCC2015-24 NS2015-44 RCS2015-107 SR2015-25 ASN2015-34

研究会情報
研究会 RCC ASN RCS NS SR  
開催期間 2015-07-29 - 2015-07-31 
開催地(和) JA長野県ビル 
開催地(英) JA Naganoken Bldg. 
テーマ(和) 無線分散ネットワーク,M2M (Machine-to-Machine),D2D (Device-to-Device),一般 
テーマ(英) Wireless Distributed Network, M2M: Machine-to-Machine, D2D (Device-to-Device),etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2015-07-RCC-ASN-RCS-NS-SR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) MIMO固有モード伝送におけるチャネル情報フィードバック手法に関する一考察 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study of Feedback for Channel State Information in Multiple-Input Multiple-Output Eigenbeam Space Division Multiplexing 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) MIMO / MIMO  
キーワード(2)(和/英) 固有モード伝送 / E-SDM  
キーワード(3)(和/英) 時変動チャネル / Time-varying channel  
キーワード(4)(和/英) フィードバック遅延 / Feedback delay  
キーワード(5)(和/英) 固有値近接 / Close Eigenvalues  
キーワード(6)(和/英) 空間相関 / Spatial correlations  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 洞井 裕介 / Yusuke Dohi / ドウイ ユウスケ
第1著者 所属(和/英) 明治大学 (略称: 明大)
Meiji University (略称: Meiji Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 井家上 哲史 / Tetsushi Ikegami / イケガミ テツシ
第2著者 所属(和/英) 明治大学 (略称: 明大)
Meiji University (略称: Meiji Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-07-30 10:30:00 
発表時間 90 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCC2015-24,IEICE-NS2015-44,IEICE-RCS2015-107,IEICE-SR2015-25,IEICE-ASN2015-34 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.158(RCC), no.159(NS), no.160(RCS), no.161(SR), no.162(ASN) 
ページ範囲 pp.35-40(RCC), pp.39-44(NS), pp.37-42(RCS), pp.53-58(SR), pp.75-80(ASN) 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCC-2015-07-22,IEICE-NS-2015-07-23,IEICE-RCS-2015-07-22,IEICE-SR-2015-07-22,IEICE-ASN-2015-07-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会