電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-07-30 10:35
ラマン/EDFAハイブリッド増幅中継システムにおけるOSNR改善に適した低損失・大Aeffファイバ
山本義典川口雄揮平野正晃住友電工)・小田祥一朗青木泰彦曽根恭介Jens C. Rasmussen富士通研
抄録 (和) デジタルコヒーレント通信技術を活用した長距離大容量伝送システムにおいて光信号対雑音比(OSNR)を改善するため,伝送用光ファイバには伝送損失の低減および実効断面積(Aeff)の拡大が求められている.本報告では,光増幅としてEDFAと分布ラマン増幅を併用したラマン/EDFAハイブリッド増幅中継システムにおいて,ファイバの伝送損失とAeffがOSNR改善に与える影響を計算する手法を提案し,224 Gb/s DP-16QAM伝送実験結果と良く一致することを示す.さらに,本計算手法を用いて,伝送損失が0.17 dB/kmと低くAeffが110 um2と大きい純シリカコアファイバは,ラマン/EDFAハイブリッド増幅を用いた陸上幹線系システムにおいてOSNR改善に最も適したファイバであることを明らかにする. 
(英) In order to improve optical signal-to-noise ratio (OSNR) for long haul and large capacity transmission systems with digital coherent technology, optical fibers with low loss and large effective area (Aeff) are strongly demanded. In this paper, we calculate OSNR to quantitatively predict the impact of fiber loss and Aeff on OSNR improvement for hybrid Raman/EDFA amplified systems. The OSNR calculation is validated with 224 Gb/s DP-16QAM transmission experiments. From the calculation, pure-silica-core fiber with low loss of 0.17 dB/km and large Aeff of 110 um2 would be optimal for practical terrestrial long haul systems using hybrid Raman/EDFA amplification.
キーワード (和) OSNR / ラマン増幅 / 実効断面積 / 低損失 / 純シリカコアファイバ / / /  
(英) OSNR / Raman amplification / Effective area / Low loss / Pure-silica-core fiber / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 165, OCS2015-27, pp. 13-18, 2015年7月.
資料番号 OCS2015-27 
発行日 2015-07-23 (OCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 OCS  
開催期間 2015-07-30 - 2015-07-31 
開催地(和) 東工大蔵前会館 
開催地(英) Tokyo Tech Front 
テーマ(和) 光変復調方式,ディジタル信号処理アルゴリズム,コヒーレント光通信,光増幅・中継技術,非線形・偏波技術,空間・可視光伝送,量子通信・暗号化技術,空間分割多重(SDM)伝送技術,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OCS 
会議コード 2015-07-OCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ラマン/EDFAハイブリッド増幅中継システムにおけるOSNR改善に適した低損失・大Aeffファイバ 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Low-loss and large-Aeff fibers for improving OSNR in hybrid-Raman/EDFA amplified systems 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) OSNR / OSNR  
キーワード(2)(和/英) ラマン増幅 / Raman amplification  
キーワード(3)(和/英) 実効断面積 / Effective area  
キーワード(4)(和/英) 低損失 / Low loss  
キーワード(5)(和/英) 純シリカコアファイバ / Pure-silica-core fiber  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 義典 / Yoshinori Yamamoto / ヤマモト ヨシノリ
第1著者 所属(和/英) 住友電気工業株式会社 (略称: 住友電工)
Sumitomo Electric Industries, Ltd. (略称: Sumitomo Electric)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 川口 雄揮 / Yuki Kawaguchi / カワグチ ユウキ
第2著者 所属(和/英) 住友電気工業株式会社 (略称: 住友電工)
Sumitomo Electric Industries, Ltd. (略称: Sumitomo Electric)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 平野 正晃 / Masaaki Hirano / ヒラノ マサアキ
第3著者 所属(和/英) 住友電気工業株式会社 (略称: 住友電工)
Sumitomo Electric Industries, Ltd. (略称: Sumitomo Electric)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 小田 祥一朗 / Shoichiro Oda / オダ ショウイチロウ
第4著者 所属(和/英) 株式会社 富士通研究所 (略称: 富士通研)
Fujitsu Laboratories Ltd. (略称: Fujitsu Lab.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 青木 泰彦 / Yasuhiko Aoki / アオキ ヤスヒコ
第5著者 所属(和/英) 株式会社 富士通研究所 (略称: 富士通研)
Fujitsu Laboratories Ltd. (略称: Fujitsu Lab.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 曽根 恭介 / Kyosuke Sone / ソネ キョウスケ
第6著者 所属(和/英) 株式会社 富士通研究所 (略称: 富士通研)
Fujitsu Laboratories Ltd. (略称: Fujitsu Lab.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) Jens C. Rasmussen / Jens C. Rasmussen / イエンス ラスムッセン
第7著者 所属(和/英) 株式会社 富士通研究所 (略称: 富士通研)
Fujitsu Laboratories Ltd. (略称: Fujitsu Lab.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-07-30 10:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OCS 
資料番号 IEICE-OCS2015-27 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.165 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-OCS-2015-07-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会