電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-07-30 10:30
[ポスター講演]MACレイヤデータベースに基づく相互干渉を考慮した周波数割り当て手法の検討
高木俊輔藤井威生電通大)・田久 修信州大)・太田真衣福岡大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 現在,複数のシステムと周波数を共用する周波数帯域では,相互に干渉を回避して通信を行う必要がある.しかし,キャリアセンスにより干渉を回避できない隠れ端末問題により,パケット到達率やスループットが低下するおそれがある.そこで本稿では,端末からの観測情報を蓄積し,その統計情報より周波数利用の指針を決定するMAC(Media Access Control)レイヤデータベース(DB)を検討する.MACレイヤDBは観測した電力値情報に加え,信号のヘッダに含まれる識別情報を蓄積する.このDBを用いて,スペクトラムマネージャはDB利用端末と既存端末間による所望信号対干渉電力比(SIR: Signal-to-Interference power Ratio)を用いた送信電力制御,キャリアセンスレベル(CSL)の設計,およびチャネルの選択を行い,相互干渉を時空間的に回避可能な周波数を割り当てる.本手法の有効性を確認するための計算機シミュレーションにより,パケット到達率とスループットにより性能を評価し,提案手法によりシステム全体のスループットを向上できることを示す. 
(英) In Industry-Science-Medical band(ISM band), wireless systems share the spectrum. In this situation, each system needs to avoid interference. Although throughput and packet arrival rate in some systems may be depleted by hidden node problem in receiver. In this paper, we utilize MAC(Media Access Control) layer Database(DB). MAC layer DB stores not only received power but also identification data in signal header. By utilizing the DB, the spectrum manager controls transmitting power and carrier sense level of the node using DB, and selects the channel. The spectrum manager dictates channel, transmitting power and carrier sense level to the node using DB, and selects the channel to temporally and spatially avoid mutual interference. This method is evaluated by throughput and packet arrival rate.
キーワード (和) データベース / 隠れ端末問題 / キャリアセンスレベル / 送信電力制御 / / / /  
(英) Database / Hidden node problem / Carrier sense level / Transmission power control / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 161, SR2015-33, pp. 103-108, 2015年7月.
資料番号 SR2015-33 
発行日 2015-07-22 (RCC, RCS, SR, ASN), 2015-07-23 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCC ASN RCS NS SR  
開催期間 2015-07-29 - 2015-07-31 
開催地(和) JA長野県ビル 
開催地(英) JA Naganoken Bldg. 
テーマ(和) 無線分散ネットワーク,M2M (Machine-to-Machine),D2D (Device-to-Device),一般 
テーマ(英) Wireless Distributed Network, M2M: Machine-to-Machine, D2D (Device-to-Device),etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2015-07-RCC-ASN-RCS-NS-SR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) MACレイヤデータベースに基づく相互干渉を考慮した周波数割り当て手法の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Channel Assignment Method Considering Mutual Interference Based on MAC Layer Databese 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) データベース / Database  
キーワード(2)(和/英) 隠れ端末問題 / Hidden node problem  
キーワード(3)(和/英) キャリアセンスレベル / Carrier sense level  
キーワード(4)(和/英) 送信電力制御 / Transmission power control  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 高木 俊輔 / Shunsuke Takagi / タカギ シュンスケ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
University of Electro-Communications (略称: UEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤井 威生 / Takeo Fujii / フジイ タケオ
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
University of Electro-Communications (略称: UEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 田久 修 / Osamu Takyu / タキュウ オサム
第3著者 所属(和/英) 信州大学 (略称: 信州大)
Shinshu University (略称: Shinshu Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 太田 真衣 / Mai Ohta /
第4著者 所属(和/英) 福岡大学 (略称: 福岡大)
Fukuoka University (略称: Fukuoka Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-07-30 10:30:00 
発表時間 90 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-RCC2015-32,IEICE-NS2015-52,IEICE-RCS2015-115,IEICE-SR2015-33,IEICE-ASN2015-42 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.158(RCC), no.159(NS), no.160(RCS), no.161(SR), no.162(ASN) 
ページ範囲 pp.85-90(RCC), pp.89-94(NS), pp.87-92(RCS), pp.103-108(SR), pp.125-130(ASN) 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCC-2015-07-22,IEICE-NS-2015-07-23,IEICE-RCS-2015-07-22,IEICE-SR-2015-07-22,IEICE-ASN-2015-07-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会