電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-07-30 10:30
[ポスター講演]IBI存在下のフィルタ転送ビームフォーミングの性能評価
永井聡之宮嶋照行茨城大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では,OFDMに基づくフィルタ転送ネットワークにおける,ブロック間干渉(IBI)補償のためのフィルタ設計法を提案する.提案法は,IBI成分を除去するという条件のもとで,最悪の通信路ゲインを最大化するものである.複数リレーによるビームフォーミングを用いることで,IBIを抑圧することが可能で,ダイバーシチ効果も得られる.また,リレー・受信機間の通信路チャネル情報が2次統計量しか利用できない場合のための提案法の修正について述べる.シミュレーションにより,その性能評価を行い,従来法よりも優れたBER特性を有することを示す. 
(英) In this article, we propose a filter design to suppress inter-block interference (IBI) in OFDM-based filter-and-forward relay networks. The proposed design maximizes the worst channel gain under the constraint of the perfect IBI suppression. Due to the use of beamforming with multiple relays, IBI is suppressed, and a diversity effect is obtained. Furthermore, we modify the proposed method for the case where only second-order statistics of the channels from relays to a receiver are available. Through performance evaluation by simulation, it is shown that the proposed method provides a better BER performance than the conventional methods.
キーワード (和) 直交周波数分割多重 / ブロック間干渉 / 時間領域等化器 / 通信路短縮法 / フィルタ転送 / ビームフォーミング / /  
(英) OFDM / inter-block interference / time-domain equalizer / channel shortening / filter-and-forward / beamforming / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 160, RCS2015-108, pp. 43-48, 2015年7月.
資料番号 RCS2015-108 
発行日 2015-07-22 (RCC, RCS, SR, ASN), 2015-07-23 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCC ASN RCS NS SR  
開催期間 2015-07-29 - 2015-07-31 
開催地(和) JA長野県ビル 
開催地(英) JA Naganoken Bldg. 
テーマ(和) 無線分散ネットワーク,M2M (Machine-to-Machine),D2D (Device-to-Device),一般 
テーマ(英) Wireless Distributed Network, M2M: Machine-to-Machine, D2D (Device-to-Device),etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2015-07-RCC-ASN-RCS-NS-SR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) IBI存在下のフィルタ転送ビームフォーミングの性能評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance evaluation of filter-and-forward beamforming networks in the presence of IBI 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 直交周波数分割多重 / OFDM  
キーワード(2)(和/英) ブロック間干渉 / inter-block interference  
キーワード(3)(和/英) 時間領域等化器 / time-domain equalizer  
キーワード(4)(和/英) 通信路短縮法 / channel shortening  
キーワード(5)(和/英) フィルタ転送 / filter-and-forward  
キーワード(6)(和/英) ビームフォーミング / beamforming  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 永井 聡之 / Satoshi Nagai / ナガイ サトシ
第1著者 所属(和/英) 茨城大学 (略称: 茨城大)
Ibaraki University (略称: Ibaraki Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮嶋 照行 / Teruyuki Miyajima /
第2著者 所属(和/英) 茨城大学 (略称: 茨城大)
Ibaraki University (略称: Ibaraki Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-07-30 10:30:00 
発表時間 90 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCC2015-25,IEICE-NS2015-45,IEICE-RCS2015-108,IEICE-SR2015-26,IEICE-ASN2015-35 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.158(RCC), no.159(NS), no.160(RCS), no.161(SR), no.162(ASN) 
ページ範囲 pp.41-46(RCC), pp.45-50(NS), pp.43-48(RCS), pp.59-64(SR), pp.81-86(ASN) 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCC-2015-07-22,IEICE-NS-2015-07-23,IEICE-RCS-2015-07-22,IEICE-SR-2015-07-22,IEICE-ASN-2015-07-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会