電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-07-30 11:00
スーパーチャネル伝送におけるサブキャリア間パワープリエンファシスによる非線形クロストークの低減効果
山内智裕富士通研)・Olga VassilievaFLA)・小田祥一朗富士通研)・Inwoong KimFLA)・星田剛司青木泰彦富士通研)・関屋元義FLA)・Jens C. Rasmussen富士通研
抄録 (和) スーパーチャネル伝送は,高い周波数利用効率での伝送が可能であるという特徴を持つが,複数のサブキャリア信号を高密度に波長分割多重することから,相互位相変調,四光波混合といった非線形クロストークによる影響を受ける.特に,中央のサブキャリアは波長配置により最も大きな非線形クロストークを受け,伝送距離性能を制限する要因となる.この課題に対し,我々は両端のサブキャリアの伝送路入力パワーを中央のサブキャリアより低くすることによって,中央のサブキャリアにおける非線形クロストークの影響を軽減する,サブキャリア間パワープリエンファシスを提案している.本稿では,4サブキャリアDP-QPSKスーパーチャネルを用いた伝送実験により異なる伝送距離,ガードバンドで改善効果を評価したので報告する. 
(英) Superchannels have high spectral efficiency thanks to the dense subcarrier spacing. One possible issue is the reachability limitation due to the nonlinear crosstalk in the center subcarriers induced by cross-phase modulation and four-wave mixing. We have already proposed a subcarrier power pre-emphasis method which has a lower fiber launched power of the edge subcarriers to mitigate the nonlinear crosstalk in the center subcarriers for the reachability extension. We experimentally demonstrate performance improvement for four-subcarrier DP-QPSK superchannel in dispersion uncompensated transmission for various transmission distances and guard bands.
キーワード (和) スーパーチャネル / サブキャリア / 非線形クロストーク / プリエンファシス / / / /  
(英) Superchannel / Subcarrier / Nonlinear Crosstalk / Pre-emphasis / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 165, OCS2015-28, pp. 19-24, 2015年7月.
資料番号 OCS2015-28 
発行日 2015-07-23 (OCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 OCS  
開催期間 2015-07-30 - 2015-07-31 
開催地(和) 東工大蔵前会館 
開催地(英) Tokyo Tech Front 
テーマ(和) 光変復調方式,ディジタル信号処理アルゴリズム,コヒーレント光通信,光増幅・中継技術,非線形・偏波技術,空間・可視光伝送,量子通信・暗号化技術,空間分割多重(SDM)伝送技術,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OCS 
会議コード 2015-07-OCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) スーパーチャネル伝送におけるサブキャリア間パワープリエンファシスによる非線形クロストークの低減効果 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Nonlinear Crosstalk Mitigation in Superchannels Using Subcarrier Power Pre-emphasis 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) スーパーチャネル / Superchannel  
キーワード(2)(和/英) サブキャリア / Subcarrier  
キーワード(3)(和/英) 非線形クロストーク / Nonlinear Crosstalk  
キーワード(4)(和/英) プリエンファシス / Pre-emphasis  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山内 智裕 / Tomohiro Yamauchi / ヤマウチ トモヒロ
第1著者 所属(和/英) 株式会社富士通研究所 (略称: 富士通研)
Fujitsu Laboratories Ltd. (略称: Fujitsu Lab.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) Olga Vassilieva / Olga Vassilieva / Olga Vassilieva
第2著者 所属(和/英) Fujitsu Laboratories of America, Inc. (略称: FLA)
Fujitsu Laboratories of America, Inc. (略称: FLA)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小田 祥一朗 / Shoichiro Oda / オダ ショウイチロウ
第3著者 所属(和/英) 株式会社富士通研究所 (略称: 富士通研)
Fujitsu Laboratories Ltd. (略称: Fujitsu Lab.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) Inwoong Kim / Inwoong Kim / Inwoong Kim
第4著者 所属(和/英) Fujitsu Laboratories of America, Inc. (略称: FLA)
Fujitsu Laboratories of America, Inc. (略称: FLA)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 星田 剛司 / Takeshi Hoshida / ホシダ タケシ
第5著者 所属(和/英) 株式会社富士通研究所 (略称: 富士通研)
Fujitsu Laboratories Ltd. (略称: Fujitsu Lab.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 青木 泰彦 / Yasuhiko Aoki / アオキ ヤスヒコ
第6著者 所属(和/英) 株式会社富士通研究所 (略称: 富士通研)
Fujitsu Laboratories Ltd. (略称: Fujitsu Lab.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 関屋 元義 / Motoyoshi Sekiya / セキヤ モトヨシ
第7著者 所属(和/英) Fujitsu Laboratories of America, Inc. (略称: FLA)
Fujitsu Laboratories of America, Inc. (略称: FLA)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) Jens C. Rasmussen / Jens C. Rasmussen / Jens C. Rasmussen
第8著者 所属(和/英) 株式会社富士通研究所 (略称: 富士通研)
Fujitsu Laboratories Ltd. (略称: Fujitsu Lab.)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-07-30 11:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OCS 
資料番号 IEICE-OCS2015-28 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.165 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-OCS-2015-07-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会