電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-07-30 09:35
波長分割多重光固有値変調方式
豊田彰史丸田章博阪大OCS2015-25
抄録 (和) 光ファイバ伝送の大容量化には,波長分割多重方式の適用が不可欠である.一方,光固有値変調方式はファイバ非線形性の影響を受けない方式として注目を集めている.そこで,本稿では,波長分割多重光固有値変調方式について検討する.予等化技術を適用することによって,送信端におけるパルスの重なりによって生じる固有値のずれを抑制する方法を提案し,数値シミュレーションにより提案手法の有効性を示す. 
(英) Wavelength division multiplexing is essential for achieving large capacity optical fiber transmission for any kind of modulation format. Optical eigenvalue modulation has been attracting attention as a scheme which is not distorted by fiber nonlinearity. In this paper, we propose a wavelength division multiplexed optical eigenvalue modulated system and discuss its advantages and remaining issues for practical application. A pre-equalization technique is proposed to suppress the eigenvalue shift arising from initial overlap of different channel pulses and its feasibility is confirmed by numerical simulations.
キーワード (和) ファイバ非線形性 / 固有値 / ディジタルコヒーレント技術 / 波長分割多重 / / / /  
(英) Fiber nonlinearity / Eigenvalue / Digital coherent technology / Wavelength division multiplexing / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 165, OCS2015-25, pp. 1-5, 2015年7月.
資料番号 OCS2015-25 
発行日 2015-07-23 (OCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード OCS2015-25

研究会情報
研究会 OCS  
開催期間 2015-07-30 - 2015-07-31 
開催地(和) 東工大蔵前会館 
開催地(英) Tokyo Tech Front 
テーマ(和) 光変復調方式,ディジタル信号処理アルゴリズム,コヒーレント光通信,光増幅・中継技術,非線形・偏波技術,空間・可視光伝送,量子通信・暗号化技術,空間分割多重(SDM)伝送技術,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OCS 
会議コード 2015-07-OCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 波長分割多重光固有値変調方式 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Wavelength Division Multiplexed Optical Eigenvalue Modulated System 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ファイバ非線形性 / Fiber nonlinearity  
キーワード(2)(和/英) 固有値 / Eigenvalue  
キーワード(3)(和/英) ディジタルコヒーレント技術 / Digital coherent technology  
キーワード(4)(和/英) 波長分割多重 / Wavelength division multiplexing  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 豊田 彰史 / Akifumi Toyota / トヨタ アキフミ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 丸田 章博 / Akihiro Maruta / マルタ アキヒロ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-07-30 09:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OCS 
資料番号 IEICE-OCS2015-25 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.165 
ページ範囲 pp.1-5 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-OCS-2015-07-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会