電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-07-30 10:30
[ポスター講演]SIMO-OFDM環境下におけるTLS型ダイレクトチャネル等化法
片貝 悠諏訪東京理科大)・小松 稔名取隆廣東京理科大)・田邉 造諏訪東京理科大)・古川利博東京理科大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本論文は,OFDM通信方式環境下に対してZF等化法に全最小二乗(TLS)法を適用することで,送信信号を必要としないダイレクトブラインドゼロフォーシングを提案する.提案手法であるTLS法の特徴は,(1)システムの入出力に含まれている誤差を考慮し,ダイレクトに等化器を設計することで,誤差の影響を軽減できる.(2)符号間干渉抑圧能力が高い等化器のパラメータを導出できる.性能解析の結果は,計算機シミュレーションにより明らかになっている. 
(英) This paper proposes TLS type direct blind zero forcing on the OFDM wireless communication system. The proposed algorithm estimates directly OFDM channel equalizer with TLS using only the noisy observed signal, while many convention methods based on blind zero forcing usually perform channel equalization under the condition of noiseless observation signal. The remarkable features of the proposed algorithm is realization of high performance channel equalization without estimating channel parameter using only noisy observation signal. We show effectiveness of proposed method using computer simulations.
キーワード (和) ゼロフォーシング / 全最小二乗 / チャネル等化 / ダイレクトブラインド / / / /  
(英) zero-forcing / total least square / channel equalization / direct blind / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 161, SR2015-35, pp. 115-119, 2015年7月.
資料番号 SR2015-35 
発行日 2015-07-22 (RCC, RCS, SR, ASN), 2015-07-23 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCC ASN RCS NS SR  
開催期間 2015-07-29 - 2015-07-31 
開催地(和) JA長野県ビル 
開催地(英) JA Naganoken Bldg. 
テーマ(和) 無線分散ネットワーク,M2M (Machine-to-Machine),D2D (Device-to-Device),一般 
テーマ(英) Wireless Distributed Network, M2M: Machine-to-Machine, D2D (Device-to-Device),etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2015-07-RCC-ASN-RCS-NS-SR 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) SIMO-OFDM環境下におけるTLS型ダイレクトチャネル等化法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) TLS type direct SIMO-OFDM channel equalization on wireless communication 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ゼロフォーシング / zero-forcing  
キーワード(2)(和/英) 全最小二乗 / total least square  
キーワード(3)(和/英) チャネル等化 / channel equalization  
キーワード(4)(和/英) ダイレクトブラインド / direct blind  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 片貝 悠 / Yu Katakai / カタカイ ユウ
第1著者 所属(和/英) 諏訪東京理科大学 (略称: 諏訪東京理科大)
Tokyo University of Science, SUWA (略称: Tokyo Univ. of Science, Suwa)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小松 稔 / Minoru Komatsu / コマツ ミノル
第2著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 名取 隆廣 / Takahiro Natori / ナトリ タカヒロ
第3著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 田邉 造 / Nari Tanabe / タナベ ナリ
第4著者 所属(和/英) 諏訪東京理科大学 (略称: 諏訪東京理科大)
Tokyo University of Science, SUWA (略称: Tokyo Univ. of Science, Suwa)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 古川 利博 / Toshihiro Furukawa / フルカワ トシヒロ
第5著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-07-30 10:30:00 
発表時間 90 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-RCC2015-34,IEICE-NS2015-54,IEICE-RCS2015-117,IEICE-SR2015-35,IEICE-ASN2015-44 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.158(RCC), no.159(NS), no.160(RCS), no.161(SR), no.162(ASN) 
ページ範囲 pp.97-101(RCC), pp.101-105(NS), pp.99-103(RCS), pp.115-119(SR), pp.137-141(ASN) 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-RCC-2015-07-22,IEICE-NS-2015-07-23,IEICE-RCS-2015-07-22,IEICE-SR-2015-07-22,IEICE-ASN-2015-07-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会