電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-07-29 13:35
マルチユーザMIMO下りリンクにおけるブロック多重対角化法
西本 浩平 明徳岡崎彰浩岡村 敦三菱電機
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 筆者らは,マルチユーザMIMO(MU-MIMO)下りリンクにおける新たなプリコーディングとして,ブロック多重対角化コンセプトを提唱する.具体的には,従来のブロック対角化法を拡張し,干渉を許容するユーザを設けた上でビーム算出することで,線形MU-MIMOにおける基地局送信自由度の確保と,非線形MU-MIMOにおけるプリキャンセリング処理量の軽減を実現する.実用性の観点から,本稿では,1ユーザまでのIUIを許容するブロック二重対角化法と,2ユーザまでを許容するブロック下三重対角化法の2つのアプローチについて議論し,システム容量評価により提案法が秘める高いポテンシャルを示す. 
(英) For multiuser-MIMO (MU-MIMO) downlink, the authors propose a novel precoding concept of block lower multi-diagonalization. Extending the conventional block diagonalization method, the proposed precoder for the desired user is computed to incorporate a predetermined number of interfering users. Consequently, the concept enables us to ensure the extra degree of freedom at the transmit array even after null steering in a linear MU-MIMO strategy, and also to reduce computational load at transmit precanceling in a nonlinear MU-MIMO strategy. From an implementational viewpoint, we here examine two approaches: block bi-diagonalization, allowing one interfering user, and block lower tri-diagonalization, allowing up to two interfering users. In the paper, we reveal the significant potential of the proposed concept through the discussion and numerical evaluation using sum-rate capacity.
キーワード (和) マルチユーザMIMO / MU-MIMO / ユーザ間干渉 / IUI / プリコーディング / ブロック多重対角化 / /  
(英) multiuser-MIMO / MU-MIMO / inter-user interference / IUI / precoding / block lower multi-diagonalization / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 160, RCS2015-101, pp. 7-12, 2015年7月.
資料番号 RCS2015-101 
発行日 2015-07-22 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCC ASN RCS NS SR  
開催期間 2015-07-29 - 2015-07-31 
開催地(和) JA長野県ビル 
開催地(英) JA Naganoken Bldg. 
テーマ(和) 無線分散ネットワーク,M2M (Machine-to-Machine),D2D (Device-to-Device),一般 
テーマ(英) Wireless Distributed Network, M2M: Machine-to-Machine, D2D (Device-to-Device),etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2015-07-RCC-ASN-RCS-NS-SR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) マルチユーザMIMO下りリンクにおけるブロック多重対角化法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Block Lower Multi-diagonalization for Multiuser MIMO Downlink 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) マルチユーザMIMO / multiuser-MIMO  
キーワード(2)(和/英) MU-MIMO / MU-MIMO  
キーワード(3)(和/英) ユーザ間干渉 / inter-user interference  
キーワード(4)(和/英) IUI / IUI  
キーワード(5)(和/英) プリコーディング / precoding  
キーワード(6)(和/英) ブロック多重対角化 / block lower multi-diagonalization  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 西本 浩 / Hiroshi Nishimoto / ニシモト ヒロシ
第1著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric Corp.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 平 明徳 / Akinori Taira / タイラ アキノリ
第2著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric Corp.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡崎 彰浩 / Akihiro Okazaki / オカザキ アキヒロ
第3著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric Corp.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡村 敦 / Atsushi Okamura / オカムラ アツシ
第4著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric Corp.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-07-29 13:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2015-101 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.160 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2015-07-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会