電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-07-29 14:25
無線同期技術による測位システムの検討
東坂悠司坂本岳文土井裕介東芝
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 屋内測位システムはICT(情報通信技術)との連携により市場拡大が期待され,活発に研究開発が行われている.一方,比較的高精度な測位をしようとすると,測位インフラとして設置する測位ノード間の同期のためのケーブル設置の導入コストが課題となる.本稿では,音波を用いる測位システムに,筆者らがかねてより開発してきた無線同期機構を適用し,高い測位精度と低い導入コストを同時に実現するシステムを提案する.提案するシステムでは,測位ノードに音波受信機と無線LANを搭載し,測位ノード間の無線での時刻同期と通信を可能にする.そして各測位ノードは,測位対象が発する音波を検出した時刻情報を測位サーバに送信し,測位サーバは受信した時刻情報を用いて測位計算を実行する.実際に当該システムを試作し,測定を実施したところ,平均測位誤差20cmを確認した.提案するシステム構成と試作システムでの測定結果を示す. 
(英) Indoor localization systems with ICT (Information and Communication Technology) are expected to expand markets and being developped actively. However, precise location systems have an initial cost problem due to cabling for synchronizing infrastructure devices. In this paper, we propose an indoor localization system, which realizes precise localization and lower initial cost by applying our wireless synchronization technique. In the proposed system, localization nodes equip a sonic receiver and a wireless LAN module. Then, localization nodes can do time synchronization and communication with the wireless LAN. Each localization node detects sonic wave from a localization target and sends the time of detection to a localization server. The localization server carries out localization calcuration with the times of detection. We prototyped the proposed system and measured the localization precision. Then the system achieved 200 mm localization error on average. We show the proposed system architecture, prototyping and measurement results.
キーワード (和) 測位 / 位置推定 / 無線同期 / 無線LAN / IEEE 802.11 / 音波 / /  
(英) Positioning / Localization / Wireless synchronization / Wireless LAN / IEEE 802.11 / Sonic wave / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 162, ASN2015-25, pp. 27-31, 2015年7月.
資料番号 ASN2015-25 
発行日 2015-07-22 (ASN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCC ASN RCS NS SR  
開催期間 2015-07-29 - 2015-07-31 
開催地(和) JA長野県ビル 
開催地(英) JA Naganoken Bldg. 
テーマ(和) 無線分散ネットワーク,M2M (Machine-to-Machine),D2D (Device-to-Device),一般 
テーマ(英) Wireless Distributed Network, M2M: Machine-to-Machine, D2D (Device-to-Device),etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ASN 
会議コード 2015-07-RCC-ASN-RCS-NS-SR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 無線同期技術による測位システムの検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study of Positioning System with Wireless Synchronization Technique 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 測位 / Positioning  
キーワード(2)(和/英) 位置推定 / Localization  
キーワード(3)(和/英) 無線同期 / Wireless synchronization  
キーワード(4)(和/英) 無線LAN / Wireless LAN  
キーワード(5)(和/英) IEEE 802.11 / IEEE 802.11  
キーワード(6)(和/英) 音波 / Sonic wave  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 東坂 悠司 / Yuji Tohzaka / トウザカ ユウジ
第1著者 所属(和/英) 株式会社東芝 (略称: 東芝)
Toshiba Corporation (略称: Toshiba Corp.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂本 岳文 / Takafumi Sakamoto / サカモト タカフミ
第2著者 所属(和/英) 株式会社東芝 (略称: 東芝)
Toshiba Corporation (略称: Toshiba Corp.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 土井 裕介 / Yusuke Doi / ドイ ユウスケ
第3著者 所属(和/英) 株式会社東芝 (略称: 東芝)
Toshiba Corporation (略称: Toshiba Corp.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-07-29 14:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ASN 
資料番号 IEICE-ASN2015-25 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.162 
ページ範囲 pp.27-31 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-ASN-2015-07-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会