電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-07-29 13:00
[招待講演]大面積感圧センサーシートの開発
酒井平祐北陸先端大)・石井佑弥豊橋技科大)・延島大樹産総研)・村田英幸北陸先端大)・植村 聖産総研エレソ技報アーカイブへのリンク:OME2015-34
抄録 (和) フレキシブル基板上へ印刷法により圧電性のポリペプチドや電極を成膜し、大面積感圧センサーシートを作製した。圧力分布を検知するために解像度が1 cm2のセンサーを32行×48列で配置したセンサーシートで動的な圧力分布の検出に成功した。ここで用いたポリペプチドは、印刷後でも双極子が揃うため圧電性が生じたと考えられる。さらに、筆者らが最近取り組んでいるポリ乳酸を用いた素子についても紹介する。筆者らは、エレクトロスピニングされたポリ乳酸膜が圧電膜的挙動を示すことを見出した。この性質を応用した圧力センシング素子も開発した。 
(英) We have developed the large scale pressure sensor sheets by means of the printing technology, where the sheets were consist of a metal / piezoelectric layer / metal. To detect the pressure distribution, we have fabricated 1536 sensors arranged in a 32 by 48 array with a resolution of 1 cm2. The distribution of pressure strengths and points can be detected and displayed on the PC monitor. The polypeptide film has tendency to align the dipole moments inside the film after the fabrication. Thus, the polypeptide film is spontaneously polarized, and it results in the expression of piezoelectric properties. Recently, we have found the piezoelectric-like behavior of the electrospun polylactic acid film. The pressure sensing devices have also been developed.
キーワード (和) 感圧センサーシート / 圧力分布検出 / 印刷デバイス / / / / /  
(英) pressure sensor sheet / pressure distribution / printed devices / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 163, OME2015-34, pp. 1-4, 2015年7月.
資料番号 OME2015-34 
発行日 2015-07-22 (OME) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

研究会情報
研究会 OME IEE-DEI  
開催期間 2015-07-29 - 2015-07-29 
開催地(和) 富山大学工学部 
開催地(英) Univ. of Toyama 
テーマ(和) 有機薄膜,有機デバイス,一般 
テーマ(英) Organic Thin Film, Organic Devices, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OME 
会議コード 2015-07-OME-DEI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 大面積感圧センサーシートの開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development of large-scale pressure sensor sheets 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 感圧センサーシート / pressure sensor sheet  
キーワード(2)(和/英) 圧力分布検出 / pressure distribution  
キーワード(3)(和/英) 印刷デバイス / printed devices  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 酒井 平祐 / Heisuke Sakai / サカイ ヘイスケ
第1著者 所属(和/英) 北陸先端科学技術大学院大学 (略称: 北陸先端大)
Japan Advanced Institute of Science and Technology (略称: JAIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 石井 佑弥 / Yuya Ishii / イシイ ユウヤ
第2著者 所属(和/英) 豊橋技術科学大学 (略称: 豊橋技科大)
Toyohashi University of Technology (略称: TUT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 延島 大樹 / Taiki Nobeshima / ノベシマ タイキ
第3著者 所属(和/英) 国立研究開発法人産業技術総合研究所 (略称: 産総研)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: AIST)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 村田 英幸 / Hideyuki Murata / ムラタ ヒデユキ
第4著者 所属(和/英) 北陸先端科学技術大学院大学 (略称: 北陸先端大)
Japan Advanced Institute of Science and Technology (略称: JAIST)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 植村 聖 / Sei Uemura / ウエムラ セイ
第5著者 所属(和/英) 国立研究開発法人産業技術総合研究所 (略称: 産総研)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: AIST)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-07-29 13:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 OME 
資料番号 IEICE-OME2015-34 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.163 
ページ範囲 pp.1-4 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-OME-2015-07-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会