電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-07-29 15:25
アナログ段での二段階自己干渉波除去構造をもつ同一チャネル全二重無線機の検討
成枝秀介明石高専
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では,同一チャネル全二重無線機での二段階アナログ自己干渉波除去構造を検討する.これまでに,RFおよびディジタルベースバンド段に自己干渉波キャンセラを備えた構造がいくつか検討されている.本稿で検討する構造は,後者の自己干渉波キャンセラをベースバンド段のままディジタル回路からアナログ回路に移し,自動利得制御(Automatic Gain Control: AGC)の前段に配置したものである.アナログベースバンドでのAGC前段に自己干渉波キャンセラを配置することで,非線形成分をもつ自己干渉波を除去し,かつAGCおよびアナログ/ディジタル変換回路(Analog-to-Digital Converter)における所望信号への割り当てビット長抑圧を防ぐことが提案構造のねらいである.数値実験の結果,非線形成分をもつ自己干渉波が存在する環境下においても,1)レプリカ信号を出力するディジタル/アナログ変換回路のビット長を増加することで,ADCにおける所望信号への割り当てビット長を増加でき,また2)提案構造がADCに与えらえれたビット長のほとんどを所望信号に割り当てることができ,その結果同一チャネル全二重無線機の特性を改善できる,ことを示した. 
(英) This paper presents a dual stage analog cancellation architecture of a linear self interference signal for single channel full duplex radio. The presented architecture has two cancelers which are placed at RF and baseband stage on analog domain whereas the cancelers are placed in analog RF and digital baseband, traditionally. The purpose of the presented architecture is to mitigate the effect of AGC and ADC on the receiver performance and cancel the self interference signal having a nonlinear component. Numerical examples are provided to validate the effectiveness of the presented technique. From these results, it can be seen that 1) the performance of the presented architecture can improve by increasing the bit resolution at DAC for the regenerating analog baseband replica signal, 2) the presented can allocate almost given length of bits at the ADC to a desired signal, under the nonlinear self interference condition.
キーワード (和) 同一チャネル全二重無線機 / 自己干渉波 / アナログ自己干渉波キャンセラ / / / / /  
(英) Single channel full duplex transceiver / self interference / analog self interference cancellation / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 161, SR2015-18, pp. 13-18, 2015年7月.
資料番号 SR2015-18 
発行日 2015-07-22 (SR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCC ASN RCS NS SR  
開催期間 2015-07-29 - 2015-07-31 
開催地(和) JA長野県ビル 
開催地(英) JA Naganoken Bldg. 
テーマ(和) 無線分散ネットワーク,M2M (Machine-to-Machine),D2D (Device-to-Device),一般 
テーマ(英) Wireless Distributed Network, M2M: Machine-to-Machine, D2D (Device-to-Device),etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2015-07-RCC-ASN-RCS-NS-SR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) アナログ段での二段階自己干渉波除去構造をもつ同一チャネル全二重無線機の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Single Channel Full Duplex Transceiver with Dual Stage Analog Cancellation of Self Interference 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 同一チャネル全二重無線機 / Single channel full duplex transceiver  
キーワード(2)(和/英) 自己干渉波 / self interference  
キーワード(3)(和/英) アナログ自己干渉波キャンセラ / analog self interference cancellation  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 成枝 秀介 / Shusuke Narieda / ナリエダ シュウスケ
第1著者 所属(和/英) 明石工業高等専門学校 (略称: 明石高専)
National Institute of Technology, Akashi College (略称: NIT, Akashi College)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-07-29 15:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-SR2015-18 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.161 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SR-2015-07-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会