電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-07-29 09:25
Sarcasm Detection -- How to Identify Sarcastic Statements in Twitter --
Mondher BouaziziTomoaki OhtsukiKeio Univ.
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) Sarcasm is a special form of speech by which the person conveys implicit information, within the message he transmits. Sarcasm is widely used in social networks and microblogging websites such as Twitter, where people criticize or give remarks in a way that makes it difficult even for humans to tell if what is said is what is meant. Recognizing sarcastic statements can be very useful to improve automatic sentiment analysis of data collected from the net. It helps also enhance the efficiency of after-sales services by understanding the real intentions and opinions of consumers when browsing their feedback or complaints. In this article we propose a method for sarcasm detection in Twitter. We identify the different types of sarcasm used in social networks. We propose four sets of features that cover these types of sarcasm, and that will be used to classify tweets into sarcastic and non-sarcastic. We evaluate the performances of our approach. We study the importance of each set of features and evaluate its importance in the classification. 
(英) Sarcasm is a special form of speech by which the person conveys implicit information, within the message he transmits. Sarcasm is widely used in social networks and microblogging websites such as Twitter, where people criticize or give remarks in a way that makes it difficult even for humans to tell if what is said is what is meant. Recognizing sarcastic statements can be very useful to improve automatic sentiment analysis of data collected from the net. It helps also enhance the efficiency of after-sales services by understanding the real intentions and opinions of consumers when browsing their feedback or complaints. In this article we propose a method for sarcasm detection in Twitter. We identify the different types of sarcasm used in social networks. We propose four sets of features that cover these types of sarcasm, and that will be used to classify tweets into sarcastic and non-sarcastic. We evaluate the performances of our approach. We study the importance of each set of features and evaluate its importance in the classification.
キーワード (和) Twitter / sarcasm detection / sentiment analysis / / / / /  
(英) Twitter / sarcasm detection / sentiment analysis / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 162, ASN2015-21, pp. 7-12, 2015年7月.
資料番号 ASN2015-21 
発行日 2015-07-22 (ASN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCC ASN RCS NS SR  
開催期間 2015-07-29 - 2015-07-31 
開催地(和) JA長野県ビル 
開催地(英) JA Naganoken Bldg. 
テーマ(和) 無線分散ネットワーク,M2M (Machine-to-Machine),D2D (Device-to-Device),一般 
テーマ(英) Wireless Distributed Network, M2M: Machine-to-Machine, D2D (Device-to-Device),etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ASN 
会議コード 2015-07-RCC-ASN-RCS-NS-SR 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Sarcasm Detection 
サブタイトル(英) How to Identify Sarcastic Statements in Twitter 
キーワード(1)(和/英) Twitter / Twitter  
キーワード(2)(和/英) sarcasm detection / sarcasm detection  
キーワード(3)(和/英) sentiment analysis / sentiment analysis  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) Mondher Bouazizi / Mondher Bouazizi /
第1著者 所属(和/英) Keio University (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) Tomoaki Ohtsuki / Tomoaki Ohtsuki /
第2著者 所属(和/英) Keio University (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-07-29 09:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ASN 
資料番号 IEICE-ASN2015-21 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.162 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ASN-2015-07-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会