電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-07-29 10:45
低レート符号化OFDMに基づく制御通信用低遅延アクセス方式に関する一検討
堀 勇太落合秀樹横浜国大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 機器間(M2M)通信やデバイス間(D2D)通信においては,制御情報を瞬時かつ確実に伝送することが要求されるため,低遅延かつ高信頼な通信リンクの確立が重要となる.そこで本稿では直交周波数分割多重(OFDM)方式に基づいて,超直交畳み込み符号(SOCC)とサブキャリアホッピングを組み合わせることで高い符号化利得と周波数ダイバーシティを達成する上り回線マルチアクセス方式を提案する.一方でOFDM方式は変調信号のピーク対平均電力比(PAPR)が高く,電力増幅器における電力利用効率が低いため,バッテリ駆動および中長距離伝送を想定したM2M端末への実装は困難であると考えられる.そこで,提案システムにGolay系列を組み合わせることでPAPRの低いOFDM信号を生成し,電力利用効率の改善を試みる.また,各ユーザが使用するサブキャリアを重複させた非直交多元接続を導入することで周波数利用効率を向上を図るとともに,受信機での逐次干渉除去(SIC)に基づいた復号によるマルチアクセス干渉の低減効果を検証する. 
(英) In machine-to-machine (M2M) and device-to-device (D2D) communications, development of highly reliable real-time communication link is essential, especially for transmission of control information. Targeting such applications, in this paper, we propose a new physical layer architecture for uplink multiple access based on orthogonal frequency-division multiplexing (OFDM), which achieves high reliability and low peak-to-average power ratio (PAPR) with low computational complexity. Our approach is based on judicious combination of subcarrier hopping and super-orthogonal convolutional codes (SOCC) for achieving high coding gain and frequency diversity, together with Golay complementary sequence for low PAPR signaling. To improve the overall bandwidth efficiency, we introduce non-orthogonal multiple access where the subcarriers of different users are overlapped. Employing successive interference cancellation (SIC) at the receiver further mitigates the resulting multiple access interference.
キーワード (和) OFDM / 超直交畳み込み符号 / Golay系列 / サブキャリアホッピング / 逐次干渉除去 / / /  
(英) OFDM / super-orthogonal convolutional code / Golay sequence / subcarrier hopping / SIC-based decoding / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 158, RCC2015-17, pp. 1-6, 2015年7月.
資料番号 RCC2015-17 
発行日 2015-07-22 (RCC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCC ASN RCS NS SR  
開催期間 2015-07-29 - 2015-07-31 
開催地(和) JA長野県ビル 
開催地(英) JA Naganoken Bldg. 
テーマ(和) 無線分散ネットワーク,M2M (Machine-to-Machine),D2D (Device-to-Device),一般 
テーマ(英) Wireless Distributed Network, M2M: Machine-to-Machine, D2D (Device-to-Device),etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCC 
会議コード 2015-07-RCC-ASN-RCS-NS-SR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 低レート符号化OFDMに基づく制御通信用低遅延アクセス方式に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study on low latency wireless access based on low-rate coded OFDM for control applications 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) OFDM / OFDM  
キーワード(2)(和/英) 超直交畳み込み符号 / super-orthogonal convolutional code  
キーワード(3)(和/英) Golay系列 / Golay sequence  
キーワード(4)(和/英) サブキャリアホッピング / subcarrier hopping  
キーワード(5)(和/英) 逐次干渉除去 / SIC-based decoding  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 堀 勇太 / Yuta Hori / ホリ ユウタ
第1著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: Yokohama Nat. Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 落合 秀樹 / Hideki Ochiai /
第2著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: Yokohama Nat. Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-07-29 10:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCC 
資料番号 IEICE-RCC2015-17 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.158 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCC-2015-07-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会