電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-07-29 13:35
ワイヤレスセンサネットワークのネットワーク安定性向上に向けた経路メンテナンス手法の提案
石橋孝一三菱電機)・山岡克式東工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年の無線通信技術の進展,及びセンシングやアクチュエータ機能に加えてデータ処理や通信機能を備えた多機能型のセンサノードの普及により,通信機能を有するセンサノードを用いたワイヤレスセンサネットワークが注目されている.
ここで,今回のターゲットとするデータ収集システムでは,データの存在期間が限定的であることなどの特徴があり,従来の主なる経路の存在時間とは異なる指標での評価が必要となる.本論文では,マルチホップネットワーク技術を用いて構築されるデータ収集向けワイヤレスセンサネットワーク(WSN)において,安定したデータ収集の観点からネットワーク安定性を評価するための指標を議論するとともに、ネットワークの安定化に向けた経路分散を実現する経路メンテナンス手法を提案している. 
(英) In association with recent advancement in wireless communications as well as penetration of wireless devices with sensing, computation and wireless communication capabilities, the wireless sensor networks have become an important research area.
Our targeted WSNs for data monitoring have some different assumptions such as traffic patterns on data monitoring, restrictive packet existing periods, and so on.
In this paper, we address stability of the WSN for data monitoring, and propose a route maintenance method to improve the equitableness of the routes to the central node.
キーワード (和) ワイヤレスセンサネットワーク / ネットワーク安定性 / / / / / /  
(英) Wireless Sensor Network / Network Stability / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 162, ASN2015-23, pp. 15-20, 2015年7月.
資料番号 ASN2015-23 
発行日 2015-07-22 (ASN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCC ASN RCS NS SR  
開催期間 2015-07-29 - 2015-07-31 
開催地(和) JA長野県ビル 
開催地(英) JA Naganoken Bldg. 
テーマ(和) 無線分散ネットワーク,M2M (Machine-to-Machine),D2D (Device-to-Device),一般 
テーマ(英) Wireless Distributed Network, M2M: Machine-to-Machine, D2D (Device-to-Device),etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ASN 
会議コード 2015-07-RCC-ASN-RCS-NS-SR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ワイヤレスセンサネットワークのネットワーク安定性向上に向けた経路メンテナンス手法の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Proposal of Route Maintenance Method for Network Stability on Wireless Sensor Netwroks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ワイヤレスセンサネットワーク / Wireless Sensor Network  
キーワード(2)(和/英) ネットワーク安定性 / Network Stability  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 石橋 孝一 / Koichi Ishibashi / イシバシ コウイチ
第1著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric Corp.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山岡 克式 / Katsunori Yamaoka / ヤマオカ カツノリ
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Institute of Technology)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-07-29 13:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ASN 
資料番号 IEICE-ASN2015-23 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.162 
ページ範囲 pp.15-20 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ASN-2015-07-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会