電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-07-29 15:00
複数アクセスポイントからのビーコンフレームの受信信号強度に基づくProximity Test
縣 侑吾洪 志勲大槻知明慶大
抄録 (和) ユーザ同士が近くに存在するかどうかを識別する Proximity test と呼ばれる技術が注目されている. ユーザ同士が近接しているという情報は, ユーザの信頼性を表す指標の一つとして無線 LAN などの認証システムに応用できると考えられている. Proximity test として, 環境音や FM 信号, bluetooth, Wi-Fi の受信情報の類似度を用いた手法が提案されている. しかし, 環境音を用いた手法は遠く離れたユーザ間でも観測値が類似してしまう可能性がある. また, その他の手法では, 近接を識別できる範囲が半波長から 2 m 以下と制限される.そこで我々は,部屋レベルの Proximity test の実現を目的とし, ユーザ同士が共通してビーコンフレームを受信した複数のアクセスポイント (AP) に対する受信信号強度 (RSS : Received Signal Strength) の類似度に基づく手法を提案する. 評価実験では, 約 5 m 四方の部屋で受信機 (ユーザ) が同じ部屋にあるかどうかを識別し, 提案法により部屋レベルの Proximity test を実現できたことを報告する. 
(英) Proximity test, a technique to recognize users exist nearby, is attracting a lot of attentions nowadays. The information for proximity of users can be an indicator of users' reliability. Some methods of proximity test that utilize similarity of received signal such as FM, bluetooth, Wi-Fi, and ambient sound have been proposed. However, ambient sound can be similar when users are not nearby and the available range of proximity test in the methods that utilize other signal is limited varying from half the wavelength to 2 m. The purpose of this study is to realize room-level proximity test and we propose a method based on similarity of received signal strength (RSS) of beacon frames received from ambient multiple access points. Through experiments, in which we recognize whether or not users exist in the same room with a surface approximately equal to 5 m square, we report that our proposed method realizes room-level proximity detection.
キーワード (和) Proximity test / セキュリティ / 認証 / Wi-Fi / / / /  
(英) Proximity test / Security / Authentication / Wi-Fi / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 162, ASN2015-26, pp. 33-38, 2015年7月.
資料番号 ASN2015-26 
発行日 2015-07-22 (ASN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCC ASN RCS NS SR  
開催期間 2015-07-29 - 2015-07-31 
開催地(和) JA長野県ビル 
開催地(英) JA Naganoken Bldg. 
テーマ(和) 無線分散ネットワーク,M2M (Machine-to-Machine),D2D (Device-to-Device),一般 
テーマ(英) Wireless Distributed Network, M2M: Machine-to-Machine, D2D (Device-to-Device),etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ASN 
会議コード 2015-07-RCC-ASN-RCS-NS-SR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 複数アクセスポイントからのビーコンフレームの受信信号強度に基づくProximity Test 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Proximity Test Based On RSS Of Beacon Frame From Multiple Access Points 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Proximity test / Proximity test  
キーワード(2)(和/英) セキュリティ / Security  
キーワード(3)(和/英) 認証 / Authentication  
キーワード(4)(和/英) Wi-Fi / Wi-Fi  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 縣 侑吾 / Yugo Agata / アガタ ユウゴ
第1著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 洪 志勲 / Jihoon Hong /
第2著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大槻 知明 / Tomoaki Ohtsuki / オオツキ トモアキ
第3著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-07-29 15:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ASN 
資料番号 IEICE-ASN2015-26 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.162 
ページ範囲 pp.33-38 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ASN-2015-07-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会