お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-07-21 16:45
4もしくは8個の梯子状に結合したvan der Pol発振器をインダクタで十字に結合した系における位相反転波動の解析
田中幹也藤本昌平戸谷悦士山内将行広島工大)・西尾芳文徳島大)・前田俊二田中 武広島工大NLP2015-74
抄録 (和) 同期現象は多くの分野で調査分析がなされている。我々は発振器をインダクタで梯子状に結合した回路上でみられる波について解析してきた。これらの波の中には,伝搬し続ける性質を持つ物がみられる。この波は,同相同期から逆相同期,または,逆相同期から同相同期に隣接した発振器間の位相状態を切り替え続ける。この波を我々は位相反転波と呼び,位相反転波が組み合わさった現象を位相反転波動と呼ぶ。本研究では,発振器をインダクタで梯子状に結合し,それらを十字型に結合した回路の位相反転波動について,実回路実験と,数値実験を用いて解析を行う。特に,各梯子の発振器を8個結合した系において,位相反転波動がみられる領域について調査し,位相反転波動が透過する中心の発振器の瞬時電力の遍歴について調査を行う。また,各梯子の発振器の数を4個にした時について,実回路実験と数値実験を行い,実際に位相反転波動がみられることを明らかにする。 
(英) Synchronization phenomena are investigated in various fields. We analyzed wave phenomena on a ladder which van der Pol oscillators are coupled by inductors as. In these waves, we can observe continuous propagating waves in steady states. The wave changes phase states between adjacent oscillators from an in-phase synchronization to an anti-phase synchronization or from the anti-phase synchronization to the in-phase synchronization and propagates continuously. We call this wave ``phase-inversion wave.'' Some phase-inversion waves can exist on a ladder if the ladder is constructed by many oscillators. In this study, we construct a cruciform system that four ladders including four or eight van der Pol oscillators are coupled by using four inductors and a van der Pol oscillator. When the eight van der Pol oscillators are coupled for each ladder, domains of which the phase-inversion waves can be observed are investigated and an itinerancy of instantaneous electric power of a center oscillator of the cross are analyzed. When the four van der Pol oscillator are coupled for each ladder, actual circuit experimental results are compared to numerical experimental results and we make clear that the phase-inversion waves can be observed on the cross.
キーワード (和) 同期現象 / van der Pol発振器 / 位相反転波動 / 十字型システム / / / /  
(英) synchronizaton phenomenon / van der Pol oscillator / phase-inversion wave / cruciform system / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 150, NLP2015-74, pp. 37-42, 2015年7月.
資料番号 NLP2015-74 
発行日 2015-07-14 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NLP2015-74

研究会情報
研究会 NLP  
開催期間 2015-07-21 - 2015-07-22 
開催地(和) ピパの湯 ゆ~りん館(北海道美唄市) 
開催地(英) Bibai Onsen Yu-rinkan 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) Nonlinear Problems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2015-07-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 4もしくは8個の梯子状に結合したvan der Pol発振器をインダクタで十字に結合した系における位相反転波動の解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Analysis of Phase-Inversion Waves on 4 Ladders Including 4 or 8 Van Der Pol Oscillators Coupled by Inductors as A Cross 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 同期現象 / synchronizaton phenomenon  
キーワード(2)(和/英) van der Pol発振器 / van der Pol oscillator  
キーワード(3)(和/英) 位相反転波動 / phase-inversion wave  
キーワード(4)(和/英) 十字型システム / cruciform system  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 幹也 / Mikiya Tanaka / タナカ ミキヤ
第1著者 所属(和/英) 広島工業大学 (略称: 広島工大)
Hiroshima Institute of Technology (略称: HIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤本 昌平 / Shouhei Fujimoto / フジモト ショウヘイ
第2著者 所属(和/英) 広島工業大学 (略称: 広島工大)
Hiroshima Institute of Technology (略称: HIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 戸谷 悦士 / Yoshihito Todani / トダニ ヨシヒト
第3著者 所属(和/英) 広島工業大学 (略称: 広島工大)
Hiroshima Institute of Technology (略称: HIT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 山内 将行 / Masayuki Yamauchi / ヤマウチ マサユキ
第4著者 所属(和/英) 広島工業大学 (略称: 広島工大)
Hiroshima Institute of Technology (略称: HIT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 西尾 芳文 / Yoshifumi Nishio / ニシオ ヨシフミ
第5著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
Tokushima University (略称: Tokushima)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 前田 俊二 / Shunji Maeda / マエダ シュンジ
第6著者 所属(和/英) 広島工業大学 (略称: 広島工大)
Hiroshima Institute of Technology (略称: HIT)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 武 / Takeshi Tanaka / タナカ タケシ
第7著者 所属(和/英) 広島工業大学 (略称: 広島工大)
Hiroshima Institute of Technology (略称: HIT)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-07-21 16:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2015-74 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.150 
ページ範囲 pp.37-42 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NLP-2015-07-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会