電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-07-19 15:40
床面ベクションにおける刺激サイズ,位置,速度の効果
玉田靖明北九州市大)・妹尾武治九大HIP2015-70
抄録 (和) この速報は先に刊行された我々の論文(Tamada & Seno, in press, Aerospace Medicine and Human Performance)を紹介するためのものである.視覚誘導性自己運動感覚(ベクション)駆動に関する多くの研究がこの半世紀の間に行われてきたが,床面刺激がベクションに及ぼす効果についての定量的な評価はされていない.ここでは,床面に投影するオプティックフローのサイズ,位置,速度を独立変数として,ベクションの持続時間,潜時,主観的強度を計測した.その結果,より高速で広大な刺激によってより強いベクションが駆動されること,被験者の足元からより離れた領域に刺激が呈示されることでより効果的にベクションが駆動されることが明らかとなった.以上の結果は,床面刺激が強固なベクションを引き起こし,その刺激特性によってベクション強度が変調可能であることを示唆している. 
(英) This is an introduction of our previous article (Tamada & Seno, in press, Aerospace Medicine and Human Performance). Although the induction of vection (the illusory self-motion perception) has been studied in the past half century, the effect of ground surface is not well known. We measured the vection duration, latency, and subjective strength as a function of size, position, and speed of the optic flow projected on a floor. As stimulus size and speed increased, stronger vection was induced. When the stimulus occupied a more distance visual-field, vection was more effectively induced than when the nearer part was occupied. Our results suggest that stimuli on the ground surface can induce substantial vection and vection strength can be modified by stimulus properties of ground surfaces.
キーワード (和) ベクション / 床面 / 刺激サイズ / 位置 / 速度 / / /  
(英) Vection / Ground surface / Stimulus size / position / velocity / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 149, HIP2015-70, pp. 137-138, 2015年7月.
資料番号 HIP2015-70 
発行日 2015-07-11 (HIP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード HIP2015-70

研究会情報
研究会 HIP  
開催期間 2015-07-18 - 2015-07-19 
開催地(和) 九州産業大学 
開催地(英) Kyushu Sangyo University 
テーマ(和) 多感覚,VR心理学,知覚,行動および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HIP 
会議コード 2015-07-HIP 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) 床面ベクションにおける刺激サイズ,位置,速度の効果 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Effects of stimulus size, position, and speed on the vection induced by the optic flow projected on a floor 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ベクション / Vection  
キーワード(2)(和/英) 床面 / Ground surface  
キーワード(3)(和/英) 刺激サイズ / Stimulus size  
キーワード(4)(和/英) 位置 / position  
キーワード(5)(和/英) 速度 / velocity  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 玉田 靖明 / Yasuaki Tamada / タマダ ヤスアキ
第1著者 所属(和/英) 北九州市立大学 (略称: 北九州市大)
University of Kitakyushu (略称: Univ. of Kitakyushu)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 妹尾 武治 / Takeharu Seno / セノオ タケハル
第2著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-07-19 15:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 HIP 
資料番号 IEICE-HIP2015-70 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.149 
ページ範囲 pp.137-138 
ページ数 IEICE-2 
発行日 IEICE-HIP-2015-07-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会