電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-07-18 14:40
The correlation between visual and auditory vection strengths might suggest the same and basic mechanism in self-motion perception.
Takeharu SenoKyushu Univ.)・Hirotaka SatoNobu ShiraiNiigata Univ.HIP2015-51
抄録 (和) (まだ登録されていません) 
(英) Strengths of two different vections, visual and auditory vections, were directly compared. We measured visual vection induced by visual optic flow and auditory vection induced by a rotating sound simulated self-rotation within the same participants (N = 50). Results indicated that the participants rated substantial strengths both the visual and auditory vection conditions., and the correlation between the visual and auditory vection strengths were significant. These results suggest that some common basic mechanisms in self-motion perception relevant to visual and auditory vection in our perceptual and/or
cognitive system.
キーワード (和) / / / / / / /  
(英) Vection / Auditory Vection / Correlation / Self-motion perception / Latency / Magnitude / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 149, HIP2015-51, pp. 51-52, 2015年7月.
資料番号 HIP2015-51 
発行日 2015-07-11 (HIP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード HIP2015-51

研究会情報
研究会 HIP  
開催期間 2015-07-18 - 2015-07-19 
開催地(和) 九州産業大学 
開催地(英) Kyushu Sangyo University 
テーマ(和) 多感覚,VR心理学,知覚,行動および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HIP 
会議コード 2015-07-HIP 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The correlation between visual and auditory vection strengths might suggest the same and basic mechanism in self-motion perception. 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) / Vection  
キーワード(2)(和/英) / Auditory Vection  
キーワード(3)(和/英) / Correlation  
キーワード(4)(和/英) / Self-motion perception  
キーワード(5)(和/英) / Latency  
キーワード(6)(和/英) / Magnitude  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 妹尾 武治 / Takeharu Seno / セノオ タケハル
第1著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 広隆 / Hirotaka Sato / サトウ ヒロタカ
第2著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 白井 述 / Nobu Shirai / シライ ノブ
第3著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-07-18 14:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 HIP 
資料番号 IEICE-HIP2015-51 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.149 
ページ範囲 pp.51-52 
ページ数 IEICE-2 
発行日 IEICE-HIP-2015-07-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会