電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-07-14 15:40
半自動解析法を用いたPatlak plot法に基づく平均脳血流量の測定法
小保田智彦岐阜大)・多湖博史岐阜日赤)・原 武史福岡大輔岐阜大)・片渕哲朗岐阜医療科学大)・後藤裕夫岐阜日赤)・藤田広志岐阜大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) Patlak plot法は, 脳血流シンチグラフィにおいて低侵襲な平均脳血流量(mCBF)の測定法として利用される. mCBFの値の再現性は認知症の診断に重要である. しかし手動操作による大脳半球, 大動脈弓のROIの設定は、測定値の再現性に影響する. 今回我々は関心領域の設定を行うことでmCBFを算出する半自動解析法を開発した. 44症例を用いて, 5名の診療放射線技師の手動による測定値と本手法による測定値の比較を行った. その結果本手法による測定値は左脳37症例, 右脳30症例で5名の技師のばらつきの範囲内に収まり, 5名の測定者による測定値との相関は0.83から0.93であった. よって提案する本手法は手動操作による測定者間のばらつきを低減する可能性がある. 
(英) Patlak plot法は, 脳血流シンチグラフィにおいて低侵襲な平均脳血流量(mCBF)の測定法として利用される. mCBFの値の再現性は認知症の診断に重要である. しかし手動操作による大脳半球, 大動脈弓のROIの設定は、測定値の再現性に影響する. 今回我々は関心領域の設定を行うことでmCBFを算出する半自動解析法を開発した. 44症例を用いて, 5名の診療放射線技師の手動による測定値と本手法による測定値の比較を行った. その結果本手法による測定値は左脳37症例, 右脳30症例で5名の技師のばらつきの範囲内に収まり, 5名の測定者による測定値との相関は0.83から0.93であった. よって提案する本手法は手動操作による測定者間のばらつきを低減する可能性がある.
キーワード (和) 医用画像処理 / 脳血流シンチグラフィ / Patlak plot法 / / / / /  
(英) medical image processing / Cerebral blood flow scintigraphy / Patlak plot method / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 139, MI2015-36, pp. 23-26, 2015年7月.
資料番号 MI2015-36 
発行日 2015-07-07 (MI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MI  
開催期間 2015-07-14 - 2015-07-15 
開催地(和) 函館市勤労者総合福祉センター(サン・リフレ函館) 
開催地(英) Sun Refle Hakodate 
テーマ(和) ICTと医用画像、一般 
テーマ(英) ICT and Medical Imaging, General topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MI 
会議コード 2015-07-MI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 半自動解析法を用いたPatlak plot法に基づく平均脳血流量の測定法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Semi-automated measurement of mean cerebral blood flow based on dynamic scintigrams 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 医用画像処理 / medical image processing  
キーワード(2)(和/英) 脳血流シンチグラフィ / Cerebral blood flow scintigraphy  
キーワード(3)(和/英) Patlak plot法 / Patlak plot method  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小保田 智彦 / Tomohiko Kobota / コボタ トモヒコ
第1著者 所属(和/英) 岐阜大学 (略称: 岐阜大)
Gifu University (略称: Gifu Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 多湖 博史 / Hiroshi Tago / タゴ ヒロシ
第2著者 所属(和/英) 岐阜赤十字病院 (略称: 岐阜日赤)
Japanese Red Cross Gifu Hospital (略称: Japanese Red Cross Gifu Hosp)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 原 武史 / Takeshi Hara / ハラ タケシ
第3著者 所属(和/英) 岐阜大学 (略称: 岐阜大)
Gifu University (略称: Gifu Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 福岡 大輔 / Daisuke Fukuoka / フクオカ ダイスケ
第4著者 所属(和/英) 岐阜大学 (略称: 岐阜大)
Gifu University (略称: Gifu Univ)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 片渕 哲朗 / Tetsuro Katafuchi / カタフチ テツロウ
第5著者 所属(和/英) 岐阜医療科学大学 (略称: 岐阜医療科学大)
Gifu University of Medical Science (略称: Gifu Univ of Medical Science)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 後藤 裕夫 / Hiroo Goto / ゴトウ ヒロオ
第6著者 所属(和/英) 岐阜赤十字病院 (略称: 岐阜日赤)
Japanese Red Cross Gifu Hospital (略称: Japanese Red Cross Gifu Hosp)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤田 広志 / Hiroshi Fujita / フジタ ヒロシ
第7著者 所属(和/英) 岐阜大学 (略称: 岐阜大)
Gifu University (略称: Gifu Univ)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-07-14 15:40:00 
発表時間 30 
申込先研究会 MI 
資料番号 IEICE-MI2015-36 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.139 
ページ範囲 pp.23-26 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-MI-2015-07-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会