お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-07-07 11:35
A New Method of Approximation for Computing Failure Frequency of System
Masahiro HayashiTokyo City Univ.CQ2015-35
抄録 (和) 本論文は、システム稼働率の下限値と上限値を多重線形多項式を用いて近似できる時、これらの近似を、システム故障頻度の上限値と下限値を算出するように変換でき、しかも、変換によって生じる計算量のオーダーは増加しないという新事実を示す。システム稼働率を高速に近似する既存評価法は、ほとんど全て多重線形多項式を用いている。従って、これらの全ての高速近似評価法は、本論文が解明した変換法によって、その高速性と近似精度を保ったまま、システム故障頻度の新しい近似評価法に変換される。実際に、システムの稼働率を高速・高精度に近似する既存方法に、本変換を適用する数値実験を行ったところ、システム故障頻度を高速に、かつ精度よく近似できることを確認した。 
(英) An approximation method for computing the frequency of system failure is proposed. We took a conventional approximation that uses multilinear polynomials to compute the lower and upper bounds of system availability and transform it to compute the lower and upper bounds of system failure frequency without increasing the order of computing complexity. Most of the currently used high-speed approximation methods that compute the lower and upper bounds of availability use multilinear polynomials, so it is a relatively simple matter to transform these methods into new ones for computing the failure frequency while preserving their speed and accuracy. Experimental results demonstrated that the proposed method can compute system failure frequency with both high speed and high accuracy.
キーワード (和) 稼働率 / 故障頻度 / 微分作用素 / 行列演算子 / 信頼性 / / /  
(英) Availability / failure frequency / Differential operator / Matrix operator / Reliability / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 130, CQ2015-35, pp. 81-86, 2015年7月.
資料番号 CQ2015-35 
発行日 2015-06-29 (CQ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CQ2015-35

研究会情報
研究会 CQ  
開催期間 2015-07-06 - 2015-07-07 
開催地(和) 奈良先端技術大学 
開催地(英) Nara Institute of Science and Technology 
テーマ(和) 協調ネットワーク・協調メカニズム(ゲーミフィケーション,プライシング,分散コンピューティング,P2P,DTN,M2M,IoT),一般 
テーマ(英) Cooperative networks, Cooperative Mechanism (Gamification, Pricing, Distributed Computing, P2P,DTN, M2M, Iot), General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CQ 
会議コード 2015-07-CQ 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A New Method of Approximation for Computing Failure Frequency of System 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 稼働率 / Availability  
キーワード(2)(和/英) 故障頻度 / failure frequency  
キーワード(3)(和/英) 微分作用素 / Differential operator  
キーワード(4)(和/英) 行列演算子 / Matrix operator  
キーワード(5)(和/英) 信頼性 / Reliability  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 林 正博 / Masahiro Hayashi /
第1著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-07-07 11:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CQ 
資料番号 IEICE-CQ2015-35 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.130 
ページ範囲 pp.81-86 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CQ-2015-06-29 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会