お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-07-06 15:30
超音波スピンドル用回転トランスへの電磁共振ワイヤレス電力伝送技術の適用について
高 雅菲南 明植庄山正仁九大)・藤田秀朗オリイメックWPT2015-39
抄録 (和) 超音波スピンドルへの電力供給を回転トランスに使用して無接点化した.しかし,回転トランスの漏れインダクタンスは一般的なトランスよりも大きいので電圧変換率が低くなる.この問題を解決するために電磁共振ワイヤレス電力伝送技術回転トランスに適用した.本稿は実際の応用において問題となる回路中の各素子のばらつきが電圧変換率に及ぼす影響を考察し,電圧変換率を1にする条件を導出した. 
(英) Rotary transformer is used to supply power to non-contact ultrasonic spindle. For solving the problem that low voltage conversion ratio when using rotary transformer, the wireless electromagnetic resonance power transmission technology is used. For practical application of this technology and not wasting the power in the circuit, the method of realizing the voltage conversion ratio be 1 and the influence by variations in each circuit elements are studied in this paper.
キーワード (和) 電磁共振 / 超音波スピンドル / 回転トランス / 電圧変化率 / ばらつき / / /  
(英) Electromagnetic resonance / Ultrasonic spindle / Rotary transformer / Voltage conversion ratio / Variation / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 129, WPT2015-39, pp. 19-23, 2015年7月.
資料番号 WPT2015-39 
発行日 2015-06-29 (WPT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード WPT2015-39

研究会情報
研究会 EE WPT IEE-SPC  
開催期間 2015-07-06 - 2015-07-07 
開催地(和) 同志社大学 
開催地(英)  
テーマ(和) エネルギー技術,ワイヤレス給電関連,半導体電力変換,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WPT 
会議コード 2015-07-EE-WPT-SPC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 超音波スピンドル用回転トランスへの電磁共振ワイヤレス電力伝送技術の適用について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Application of Wireless Electromagnetic Resonance Power Transmission Technology to Rotary Transformer Used in Ultrasonic Spindle 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 電磁共振 / Electromagnetic resonance  
キーワード(2)(和/英) 超音波スピンドル / Ultrasonic spindle  
キーワード(3)(和/英) 回転トランス / Rotary transformer  
キーワード(4)(和/英) 電圧変化率 / Voltage conversion ratio  
キーワード(5)(和/英) ばらつき / Variation  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 高 雅菲 / Yafei Gao / コウ ガヒ
第1著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 南 明植 / Myoungsik Nam / ナン ミョウショク
第2著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 庄山 正仁 / Masahito Shoyama / ショウヤマ マサヒト
第3著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤田 秀朗 / Hideaki Fujita / フジタ ヒデアキ
第4著者 所属(和/英) オリイメック株式会社 (略称: オリイメック)
Orii&Mec Corporation (略称: Oriimec)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-07-06 15:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 WPT 
資料番号 IEICE-WPT2015-39 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.129 
ページ範囲 pp.19-23 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-WPT-2015-06-29 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会