お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-07-03 11:40
準同型暗号を用いた生体認証において生体情報の部分比較を行うことによりなりすまし成功確率を低減させる方式
松永 匠豊田健太郎笹瀬 巌慶大CS2015-28
抄録 (和) 近年,プライバシ保護のため,準同型暗号を用いて生体情報を暗号化したまま生体認証を可能にする方式が注目されている.準同型暗号は計算量が大きいため,要素毎ではなく多項式を用いて全要素を一括して暗号化を行い,各要素の合計値を利用してハミング距離を計算することで高速に認証を行う方式が提案されている.しかしながら,攻撃者は合計値が登録データと一致するように,ある1つの要素を想定される合計値,他の要素を0とした攻撃データを用いることで,高い確率で任意のユーザになりすます攻撃が可能となる問題がある.これは,攻撃データに用いられる合計値は生体情報の全要素を用いて比較することを想定して計算しているためである.そこで本論文では,生体情報の部分比較を行うことにより生体情報の要素の一部分の合計値を比較し,その差が大きい場合に攻撃データであると判断する手法を提案する.特性評価により,提案方式では,本人受入率の低減を抑えつつ,攻撃者によるなりすまし成功確率を低減できることを示す. 
(英) In recent years, the privacy-preserving biometric authentication executed on encrypted biometric information is getting attractive. Especially, in order to shorten the authentication time, the scheme that transforms bio-information into one summation value has been proposed. However, since the scheme uses the entire bio-information, an attacker can guess the summation value and success the impersonation attack with high probability. In this paper, we propose a privacy-preserving biometric authentication scheme by comparing partial bio-information to avoid spoofing attack. We evaluate success rate of spoofing attack and show that the proposed scheme significantly reduces it.
キーワード (和) 生体認証 / 準同型暗号 / なりすまし攻撃 / 部分比較 / / / /  
(英) privacy-preserving biometric authentication / homomorphic encryption / spoofing attack / partial comparision / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 123, CS2015-28, pp. 103-108, 2015年7月.
資料番号 CS2015-28 
発行日 2015-06-25 (CS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
査読に
ついて
本技術報告は査読を経ていない技術報告であり,推敲を加えられていずれかの場に発表されることがあります.
PDFダウンロード CS2015-28

研究会情報
研究会 CS  
開催期間 2015-07-02 - 2015-07-03 
開催地(和) イーフ情報プラザ(久米島) 
開催地(英) Eef Information Plaza (Kumejima Is.) 
テーマ(和) 次世代ネットワーク,アクセスネットワーク,ブロードバンドアクセス方式,電力線通信,無線通信方式,符号化方式,一般 
テーマ(英) Next generation networks, access network, broadband access system, power-line communications, wireless communication systems, coding system, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CS 
会議コード 2015-07-CS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 準同型暗号を用いた生体認証において生体情報の部分比較を行うことによりなりすまし成功確率を低減させる方式 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Privacy-preserving Biometric Authentication with Homomorphic Encryption by Comparing Partial Bio-information 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 生体認証 / privacy-preserving biometric authentication  
キーワード(2)(和/英) 準同型暗号 / homomorphic encryption  
キーワード(3)(和/英) なりすまし攻撃 / spoofing attack  
キーワード(4)(和/英) 部分比較 / partial comparision  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松永 匠 / Takumi Matsunaga / マツナガ タクミ
第1著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 豊田 健太郎 / Kentaroh Toyoda / トヨダ ケンタロウ
第2著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 笹瀬 巌 / Iwao Sasase /
第3著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-07-03 11:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CS 
資料番号 IEICE-CS2015-28 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.123 
ページ範囲 pp.103-108 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CS-2015-06-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会