お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-07-03 15:45
ISDB-T地上ディジタルテレビ受信機におけるACパリティを用いた緊急地震速報信号の検出
高橋 賢広島市大CS2015-35
抄録 (和) 大規模災害発生時において,放送局からの特別な信号により強制的に受信機を自動起動させるアイディアはすでに実現されている.地上ディジタルテレビ方式ISDB-Tでは,そのような自動起動信号を制御信号により伝送する点に特徴があり,発生頻度の低い大規模災害への警報をより少ない消費電力にて待機受信できることを目標にしている.現在,日本での受信機自動起動方法には,「緊急警報放送(EWS: Emergency Warning System)」と呼ばれる地震や津波に対する警報の有無を制御信号にて伝送する方法と,「緊急地震速報(EEW: Earthquake Early Warning)」と呼ばれる地震の有無と詳細情報を異なる制御信号にて伝送する方法の2種類がある.このような自動起動信号をより小さな誤警報確率にて検出するため,緊急警報放送信号に対してそのパリティを併用することが提案されている.この方法は緊急状態の前後にて自動起動状態以外が変化しないことを前提にしているために,そのままでは緊急地震速報の検出には利用できない.本論文において,その制御信号パリティを用いた緊急地震速報信号の検出方法を提案する. 
(英) Methods of automatically waking up television receivers with the special signal sent from the broadcaster when a significant disaster occurs are already available. When local meteorological agencies advised an emergency alert, ISDB-T digital television broadcasters send such special signals in the control signal for detecting the signal. Sending such signals in the control channel reduces the power consumption of the receivers when they are idle, because significant disasters would rarely occur. There are two ways of the automatic wake-up. One is ``Emergency Warning System (EWS), '' that advises tsunami and earthquake disasters. Another is ``Earthquake Early Warning (EEW),'' that also advises the earthquake details. For detecting such automatic wake-up signals, the use of the parity has been proposed for EWS signal detection of receivers. Because the method assumes the broadcasters do not change the control signal contents except for the automatic wake-up information, and we need further changes for detecting EEW signals with the method. Therefore, this paper proposes the changes of the method for reliably detecting EEW signals.
キーワード (和) 地上ディジタルテレビ放送 / ISDB-T / 緊急地震速報 / EEW / 地震動警報 / 緊急警報放送 / /  
(英) terrestrial digital television broadcasting / ISDB-T / earthquake early warning / EEW / seismic motion warning / emergency warning system / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 123, CS2015-35, pp. 141-146, 2015年7月.
資料番号 CS2015-35 
発行日 2015-06-25 (CS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
査読に
ついて
本技術報告は査読を経ていない技術報告であり,推敲を加えられていずれかの場に発表されることがあります.
PDFダウンロード CS2015-35

研究会情報
研究会 CS  
開催期間 2015-07-02 - 2015-07-03 
開催地(和) イーフ情報プラザ(久米島) 
開催地(英) Eef Information Plaza (Kumejima Is.) 
テーマ(和) 次世代ネットワーク,アクセスネットワーク,ブロードバンドアクセス方式,電力線通信,無線通信方式,符号化方式,一般 
テーマ(英) Next generation networks, access network, broadband access system, power-line communications, wireless communication systems, coding system, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CS 
会議コード 2015-07-CS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ISDB-T地上ディジタルテレビ受信機におけるACパリティを用いた緊急地震速報信号の検出 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Detection of earthquake early warning signal with AC parity for ISDB-T terrestrial digital television receivers 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 地上ディジタルテレビ放送 / terrestrial digital television broadcasting  
キーワード(2)(和/英) ISDB-T / ISDB-T  
キーワード(3)(和/英) 緊急地震速報 / earthquake early warning  
キーワード(4)(和/英) EEW / EEW  
キーワード(5)(和/英) 地震動警報 / seismic motion warning  
キーワード(6)(和/英) 緊急警報放送 / emergency warning system  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 賢 / Satoshi Takahashi / タカハシ サトシ
第1著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-07-03 15:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CS 
資料番号 IEICE-CS2015-35 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.123 
ページ範囲 pp.141-146 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CS-2015-06-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会