お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-07-02 13:00
[招待講演]将来無線アクセスに向けた基地局機能分割方式の提案
宮本健司桑野 茂寺田 純大高明浩NTTCS2015-15
抄録 (和) LTEの移動通信ネットワークにおいて,基地局のベースバンド信号処理部(BBU)を集約し,複数の無線送受信部(RRH)を光ファイバで張り出すC-RANアーキテクチャの適用が進められているが,モバイルフロントホールと呼ばれるBBUとRRHを接続する光リンク部分の光伝送容量削減が将来に向けた課題となる.本報告では,機能分割の再定義によって光伝送容量を削減すると共に,基地局間連携(CoMP)において従来のC-RANアーキテクチャと同等の無線伝送特性を実現するSplit-PHY Processingアーキテクチャを提案し,その光伝送容量削減効果と無線伝送特性をシミュレーションで評価した結果を示す. 
(英) In order to realize cost-effective and flexible deployment of base stations, LTE mobile systems employ the centralized/cloud radio access network (C-RAN) architecture where the baseband units (BBUs) are centralized while the remote radio heads (RRHs) are distributed. However, it requires quite a large bandwidth in the mobile fronthaul which is the optical links between BBU and RRH, and its reduction is essential. In this report, we propose a new RAN architecture to realize both optical bandwidth reduction in the mobile fronthaul and wireless CoMP performance comparable to conventional C-RAN, and evaluate them though simulations.
キーワード (和) C-RAN / モバイルフロントホール / CoMP / / / / /  
(英) C-RAN / Mobile Fronthaul / CoMP / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 123, CS2015-15, pp. 33-38, 2015年7月.
資料番号 CS2015-15 
発行日 2015-06-25 (CS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
査読に
ついて
本技術報告は査読を経ていない技術報告であり,推敲を加えられていずれかの場に発表されることがあります.
PDFダウンロード CS2015-15

研究会情報
研究会 CS  
開催期間 2015-07-02 - 2015-07-03 
開催地(和) イーフ情報プラザ(久米島) 
開催地(英) Eef Information Plaza (Kumejima Is.) 
テーマ(和) 次世代ネットワーク,アクセスネットワーク,ブロードバンドアクセス方式,電力線通信,無線通信方式,符号化方式,一般 
テーマ(英) Next generation networks, access network, broadband access system, power-line communications, wireless communication systems, coding system, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CS 
会議コード 2015-07-CS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 将来無線アクセスに向けた基地局機能分割方式の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Proposal on Functional-Split Scheme of Base Stations for Future Radio Access 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) C-RAN / C-RAN  
キーワード(2)(和/英) モバイルフロントホール / Mobile Fronthaul  
キーワード(3)(和/英) CoMP / CoMP  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮本 健司 / Kenji Miyamoto / ミヤモト ケンジ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NIPPON TELEGRAPH AND TELEPHONE CORPORATION (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 桑野 茂 / Shigeru Kuwano / クワノ シゲル
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NIPPON TELEGRAPH AND TELEPHONE CORPORATION (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 寺田 純 / Jun Terada / テラダ ジュン
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NIPPON TELEGRAPH AND TELEPHONE CORPORATION (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 大高 明浩 / Akihiro Otaka / オオタカ アキヒロ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NIPPON TELEGRAPH AND TELEPHONE CORPORATION (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-07-02 13:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CS 
資料番号 IEICE-CS2015-15 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.123 
ページ範囲 pp.33-38 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CS-2015-06-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会