電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-07-02 10:30
性別印象操作による男性間の遠隔コミュニケーションにおけるソーシャルタッチの効果向上手法に関する研究
鈴木啓太東大)・横山正典NTT)・木下由貴東大)・望月崇由山田智広NTT)・櫻井 翔鳴海拓志谷川智洋廣瀬通孝東大
抄録 (和) テレプレゼンスは従来,遠隔地の状況を正確に伝えることが重視されてきた.しかし本研究では情報に変調をかけて伝送できることを利点と捉え,これを積極的に利用することにより対面を超える遠隔コミュニケーションのあり方を検討した.本研究では特にコミュニケーションにおけるタッチに着目した.タッチには利他的な行動の誘発,承諾率の向上,ストレスの軽減など様々な効果がある一方,男性間で行われるタッチは抵抗が感じられやすく,その効果を十分に引き出せないことが知られている.こうした問題を踏まえ,テレプレゼンスを用いることで男性間においてもタッチの効果を引き出す手法の提案・検証を行った. 
(英) For telepresence, conveying the exact situation of distant place has been regarded as important. However, telepresence has the advantage of being able to transmit information after making a modification. Using this advantage, we examined the way of a remote communication superior to a face-to-face communication. We focused on touch in communication. Though touch has various effects, such as triggering the altruistic behavior, rasing the acceptance rate and reducing stress, it is known that we cannot draw the effect of touch because the touch carried out between males is easy to be felt unpleasantly. Based on this problem, we proposed and inspected the method of drawing the effect of touch between males by using telepresence.
キーワード (和) テレプレゼンス / 触覚 / ソーシャルタッチ / ジェンダー / / / /  
(英) Telepresence / Tactile Sensation / Social Touch / Gender / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 125, MVE2015-9, pp. 7-12, 2015年7月.
資料番号 MVE2015-9 
発行日 2015-06-25 (MVE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MVE ITE-HI HI-SIG-VR  
開催期間 2015-07-02 - 2015-07-03 
開催地(和) 東京大学山上会館 
開催地(英)  
テーマ(和) 人工現実感および一般(VR学会,HI学会SIGVR,およびITE-HIと連催) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MVE 
会議コード 2015-07-MVE-HI-SIG-VR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 性別印象操作による男性間の遠隔コミュニケーションにおけるソーシャルタッチの効果向上手法に関する研究 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Method of Enhancing Effect of Social Touch in Remote Communication between Males by Changing Impression of Gender 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) テレプレゼンス / Telepresence  
キーワード(2)(和/英) 触覚 / Tactile Sensation  
キーワード(3)(和/英) ソーシャルタッチ / Social Touch  
キーワード(4)(和/英) ジェンダー / Gender  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 啓太 / Keita Suzuki / スズキ ケイタ
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: The Univ. of Tokyo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 横山 正典 / Masanori Yokoyama / ヨコヤマ マサノリ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 木下 由貴 / Yuki Kinoshita / キノシタ ユキ
第3著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: The Univ. of Tokyo)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 望月 崇由 / Takayoshi Mochizuki / モチヅキ タカヨシ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 智広 / Tomohiro Yamada / ヤマダ トモヒロ
第5著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone (略称: NTT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 櫻井 翔 / Sho Sakurai / サクライ ショウ
第6著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: The Univ. of Tokyo)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 鳴海 拓志 / Takuji Narumi / ナルミ タクジ
第7著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: The Univ. of Tokyo)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 谷川 智洋 / Tomohiro Tanikawa / タニカワ トモヒロ
第8著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: The Univ. of Tokyo)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) 廣瀬 通孝 / Michitaka Hirose / ヒロセ ミチタカ
第9著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: The Univ. of Tokyo)
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-07-02 10:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 MVE 
資料番号 IEICE-MVE2015-9 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.125 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MVE-2015-06-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会