電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-07-02 13:50
情報セキュリティ行動サイクルへの対策実行意思モデルの応用に関する考察
吉開範章日大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 情報セキュリティ環境を安全に、かつ正常に運用する為には、抑圧・防御・検出・復旧の4段階から構成される「情報セキュリティ行動サイクル」を効率的に構築する必要がある。今回、制度や運用が中心となる抑止と復旧に焦点を当て、防護動機理論を用いた対策実行意思モデルを応用して得られる行動サイクルへの要求条件を、質問紙データ及び実験結果を基に分析・考察したので報告する。 
(英) In order to operate information security system safely and normally, it is necessary to realize the information security action cycle which consists of four stages; deterrence, prevention, detection and remedies. By studying the deterrence and the remedies which cover the operation and the organization system, it is reported that the requirements for the action cycle can be extracted from the measure behavior intention model based on the protection motivation theory
キーワード (和) 情報セキュリティ行動サイクル / 防護動機理論 / 脅威 / 認知効果 / / / /  
(英) Information Security Action Cycle / Protection Motivation Theory / Threat / Cognitive Effect / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 120, SITE2015-14, pp. 81-86, 2015年7月.
資料番号 SITE2015-14 
発行日 2015-06-25 (ISEC, SITE, ICSS, EMM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IPSJ-CSEC ISEC SITE ICSS EMM IPSJ-SPT  
開催期間 2015-07-02 - 2015-07-03 
開催地(和) 名古屋市中小企業振興会館 吹上ホール 
開催地(英) NAGOYA TRADE & INDUSTRY CENTER 
テーマ(和) セキュリティ,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SITE 
会議コード 2015-07-CSEC-ISEC-SITE-ICSS-EMM-SPT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 情報セキュリティ行動サイクルへの対策実行意思モデルの応用に関する考察 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study on Application of Measure Behavior Intention Model for Information Security into Security Action Cyc 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 情報セキュリティ行動サイクル / Information Security Action Cycle  
キーワード(2)(和/英) 防護動機理論 / Protection Motivation Theory  
キーワード(3)(和/英) 脅威 / Threat  
キーワード(4)(和/英) 認知効果 / Cognitive Effect  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉開 範章 / Noriaki Yoshikai / ヨシカイ ノリアキ
第1著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-07-02 13:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SITE 
資料番号 IEICE-ISEC2015-16,IEICE-SITE2015-14,IEICE-ICSS2015-26,IEICE-EMM2015-24 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.119(ISEC), no.120(SITE), no.121(ICSS), no.122(EMM) 
ページ範囲 pp.81-86 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ISEC-2015-06-25,IEICE-SITE-2015-06-25,IEICE-ICSS-2015-06-25,IEICE-EMM-2015-06-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会