電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-07-02 10:15
Attribute-Based Two-Tier Signatures
Hiroaki AnadaISIT)・Seiko AritaIISEC)・Kouichi SakuraiKyushu University
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 属性ベース署名スキームは 2008年に Maji らによって提案されたデジタル署名スキームである.
メッセージは署名ポリシが関連付けられ,署名ポリシは署名者らの属性上のブール式で記述される.
署名者の属性が署名ポリシを満足するときのみ,正当な署名をメッセージに付すことが可能である.
一方,二階層署名スキームは,2007年に Bellare らによって提案されたデジタル署名スキームである.
署名者は一連の二つの秘密鍵を順次受け取る.
それらのうち後者はワンタイム署名鍵として署名時に与えられる.
それらに応じ,対応する二つの公開鍵が順次発行される.
これらの二階層鍵はフィアット-シャミア署名に適しており,標準モデルでの安全性を達成することを可能にする.
本稿では,両スキームの機能及び特徴を有する,属性ベース二階層署名スキームを提案する.
初めにバンドルされた証拠の上のブール式に対するシグマプロトコルを構成する.
次に,強RSA仮定の下で選択メッセージ攻撃に対し存在的偽造不可な署名バンドルスキームを構成する.
これらの構成要素を組み合わせることで,属性ベース認証スキームを得る.
最後に,二階層鍵の方法を適用することで,
標準モデルにおいて,
強RSA仮定の下で選択メッセージ攻撃に対し存在的偽造不可な属性ベース二階層署名スキームに到達する. 
(英) An attribute-based signature scheme is a digital signature scheme proposed in 2008 by Maji et al.,
in which a message is associated with a signing policy,
where the signing policy is described as a boolean formula over a signers' attributes.
Only when a signer's attributes satisfy the signing policy, the signer can make a legitimate signature on the message.
On the other hand, a two-tier signature scheme is a digital signature scheme proposed in 2007 by Bellare et al.,
in which a signer receives two tiered secret keys sequentially,
the latter of which is served as a one-time signing key at the timing of signing.
Accordingly, two tiered public keys are issued sequentially.
These two-tier keys fit the Fiat-Shamir signature and enables it to achieve security in the standard model.
In this paper, we construct an attribute-based two-tier signature scheme
that possesses the functions and features of both schemes.
We start with constructing a $Sgm$-protocol for a boolean formula on a bundled witness.
Then we construct a signature bundle scheme
that is existentially unforgeable against chosen-message attacks under the Strong RSA assumption.
Combining these building blocks, we obtain an attribute-based identification scheme.
Finally, by applying the two-tiered keys method, we attain an ABTTS scheme
that is existentially unforgeable against chosen-message attacks
in the standard model under the Strong RSA assumption.
キーワード (和) デジタル署名 / 属性ベース / 二段鍵 / 強RSA仮定 / 標準モデル / / /  
(英) digital signature / attribute-based / two-tier key / strong RSA assumption / standard model / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 119, ISEC2015-9, pp. 1-8, 2015年7月.
資料番号 ISEC2015-9 
発行日 2015-06-25 (ISEC, SITE, ICSS, EMM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IPSJ-CSEC ISEC SITE ICSS EMM IPSJ-SPT  
開催期間 2015-07-02 - 2015-07-03 
開催地(和) 名古屋市中小企業振興会館 吹上ホール 
開催地(英) NAGOYA TRADE & INDUSTRY CENTER 
テーマ(和) セキュリティ,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ISEC 
会議コード 2015-07-CSEC-ISEC-SITE-ICSS-EMM-SPT 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Attribute-Based Two-Tier Signatures 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) デジタル署名 / digital signature  
キーワード(2)(和/英) 属性ベース / attribute-based  
キーワード(3)(和/英) 二段鍵 / two-tier key  
キーワード(4)(和/英) 強RSA仮定 / strong RSA assumption  
キーワード(5)(和/英) 標準モデル / standard model  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 穴田 啓晃 / Hiroaki Anada / アナダ ヒロアキ
第1著者 所属(和/英) 公益財団法人九州先端科学技術研究所 (略称: 九州先端科学技研)
Institute of Systems, Information Technologies and Nanotechnologies (略称: ISIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 有田 正剛 / Seiko Arita / アリタ セイコウ
第2著者 所属(和/英) 情報セキュリティ大学院大学 (略称: 情報セキュリティ大)
Institute of Information Security (略称: IISEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 櫻井 幸一 / Kouichi Sakurai /
第3著者 所属(和/英) 九州大学大学院システム情報科学研究院 (略称: 九大)
Faculty of Information Science and Electrical Engineering, Kyushu University (略称: Kyushu University)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-07-02 10:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ISEC 
資料番号 IEICE-ISEC2015-9,IEICE-SITE2015-7,IEICE-ICSS2015-19,IEICE-EMM2015-17 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.119(ISEC), no.120(SITE), no.121(ICSS), no.122(EMM) 
ページ範囲 pp.1-8 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-ISEC-2015-06-25,IEICE-SITE-2015-06-25,IEICE-ICSS-2015-06-25,IEICE-EMM-2015-06-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会