電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-06-26 10:53
見通し内伝搬における干渉波抑圧に適した不等間隔リニアアレーの配置導出法
牧野好伸梅林健太東京農工大)・Antti Tolliオウル大)・鈴木康夫東京農工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿ではアンテナ選択を前提としたビームフォーミング受信のための干渉抑圧に有効なアレーアンテナの素子配置を低計算量で導出する手法を検討した.M素子リニアアレーにおいてL(M>L)素子選択を行うビームフォーミング受信では,必要なRF回路数はLと削減できるが,アレー自由度がL-1となり,またアンテナ選択によるゲインはさほど得られない.これに対しアレー自由度を超える干渉波(L波以上)が存在し,かつマルチパスリッチでない環境において,2素子アンテナ選択(L=2)を行うビームフォーミング受信ではアンテナ配置を工夫することにより干渉抑圧能力を向上させることが可能であることが報告されている.そのようなアンテナ配置の一つに最小
分散リニアアレー(MVLA:Minimum Variance Linear Array)があるが,従来の配置導出法では計算量が素子数に対してO(M!)のオーダで増加することが問題となっている.そこで本稿では,アンテナ配置に関する拘束条件を利用して低計算量でMVLAを導出するアルゴリズムを提案する.計算機シミュレーション等により,従来の導出法と比較することにより提案するアルゴリズムの有効性を示す. 
(英) In this paper, we investigate a low-complexity method for linear array antenna arrangement to suppress interference using beamforming based reception with antenna selection. By selecting a subset of L antenna elements out of M-element linear array, the implementation costs of radio frequency (RF) chain can be alleviated. At the same time, array degrees of freedom are reduced, and hence, the interference suppression capability is compromised. However, a prior work has shown that beamforming based reception with two antenna elements selection with proper non-uniform linear array antenna arrangement can improve the interference suppression capability in line-of-sight propagation if the number of interference signals is higher than the degrees of freedom available. The antenna
arrangement method considered in this paper is denoted by minimum variance linear array (MVLA) which has fairly high computational complexity. Specifically, the optimal antenna arrangement has complexity O(M!). Here, a low-complexity derivation method is proposed for MVLA. Numerical evaluations demonstrate the near-optimality of the proposed method.
キーワード (和) アレーアンテナ / アンテナ選択 / アンテナ配置 / 干渉抑圧 / マルチパスリッチ / 角度広がり / /  
(英) Array antenna / Antenna selection / Antenna arrangement / Interference suppression / Multipath-rich / Angular spread / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 113, RCS2015-93, pp. 275-280, 2015年6月.
資料番号 RCS2015-93 
発行日 2015-06-17 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2015-06-24 - 2015-06-26 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido Univ. 
テーマ(和) 初めての研究会,鉄道,車車間・路車間通信,リソース制御,スケジューリング,無線通信一般 
テーマ(英) First Presentation in IEICE Technical Committee, Railroad Communications, Inter-Vehicle Communications, Road to Vehicle Communications, Resource Control, Scheduling, Wireless Communication Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2015-06-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 見通し内伝搬における干渉波抑圧に適した不等間隔リニアアレーの配置導出法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Derivation of Non-uniform Linear Array Arrangement for Interference Suppression under Line-of-Sight Propagation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) アレーアンテナ / Array antenna  
キーワード(2)(和/英) アンテナ選択 / Antenna selection  
キーワード(3)(和/英) アンテナ配置 / Antenna arrangement  
キーワード(4)(和/英) 干渉抑圧 / Interference suppression  
キーワード(5)(和/英) マルチパスリッチ / Multipath-rich  
キーワード(6)(和/英) 角度広がり / Angular spread  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 牧野 好伸 / Yoshinobu Makino / マキノ ヨシノブ
第1著者 所属(和/英) 東京農工大学 (略称: 東京農工大)
Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: TUAT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 梅林 健太 / Kenta Umebayashi / ウメバヤシ ケンタ
第2著者 所属(和/英) 東京農工大学 (略称: 東京農工大)
Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: TUAT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) Antti Tolli / Antti Tolli /
第3著者 所属(和/英) オウル大学 (略称: オウル大)
University of Oulu (略称: Univ. of Oulu)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 康夫 / Yasuo Suzuki / スズキ ヤスオ
第4著者 所属(和/英) 東京農工大学 (略称: 東京農工大)
Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: TUAT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-06-26 10:53:00 
発表時間
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2015-93 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.113 
ページ範囲 pp.275-280 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2015-06-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会