お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-06-25 09:55
Computational Complexity Reduction for Functional Connectivity Estimation in Large Scale Neural Network
JeongHun BaekShigeyuki ObaKyoto Univ.)・Junichiro YoshimotoKenji DoyaOIST)・Shin IshiiKyoto Univ.IBISML2015-22
抄録 (和) 計算神経科学において、神経細胞間の機能的結合の推定は重要な基礎課題である。近年、同時に観測可能な神経細胞数が増加するのにつれて神経細胞間の機能的結合の推定に必要な計算量が膨大になっている。本研究では、多数の神経細胞間の機能的結合を推定するための計算量を削減するための二段階アルゴリズムを提案する。提案手法を様々な大きさの神経網に適用させた結果、推定精度を失わずに計算量を削減することができた。 
(英) Identification of functional connectivity between neurons is an important issue in computational neu- roscience. Recently, the number of simultaneously recorded neurons is increasing, and computational complexity to estimate functional connectivity is exploding. In this study, we propose a two-stage algorithm to estimate spike response functions between neurons in a large scale network. We applied the proposed algorithm to various scales of neural networks and showed that the computational complexity is reduced without sacrificing estimation accuracy.
キーワード (和) 計算量削減 / 機能的結合 / 二段階アルゴリズム / 大型テータ / / / /  
(英) computational complexity reduction / functional connectivity / two-stage algorithm / large scale networks / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 112, IBISML2015-22, pp. 181-185, 2015年6月.
資料番号 IBISML2015-22 
発行日 2015-06-16 (IBISML) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IBISML2015-22

研究会情報
研究会 NC IPSJ-BIO IBISML IPSJ-MPS  
開催期間 2015-06-23 - 2015-06-25 
開催地(和) 沖縄科学技術大学院大学 
開催地(英) Okinawa Institute of Science and Technology 
テーマ(和) 機械学習によるバイオデータマインニング、一般 
テーマ(英) Machine Learning Approach to Biodata Mining, and General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IBISML 
会議コード 2015-06-NC-BIO-IBISML-MPS 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Computational Complexity Reduction for Functional Connectivity Estimation in Large Scale Neural Network 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 計算量削減 / computational complexity reduction  
キーワード(2)(和/英) 機能的結合 / functional connectivity  
キーワード(3)(和/英) 二段階アルゴリズム / two-stage algorithm  
キーワード(4)(和/英) 大型テータ / large scale networks  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 白 定勳 / JeongHun Baek / ベク ジョンフン
第1著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大羽 成征 / Shigeyuki Oba / オオバ シゲユキ
第2著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉本 潤一郎 / Junichiro Yoshimoto / ヨシモト ジュンイチロ
第3著者 所属(和/英) 沖縄科学技術大学院大学 (略称: 沖縄科技大)
Okinawa Institute of Science and Technology Graduate University (略称: OIST)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 銅谷 賢治 / Kenji Doya / ドウヤ ケンジ
第4著者 所属(和/英) 沖縄科学技術大学院大学 (略称: 沖縄科技大)
Okinawa Institute of Science and Technology Graduate University (略称: OIST)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 石井 信 / Shin Ishii / イシイ シン
第5著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-06-25 09:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IBISML 
資料番号 IEICE-IBISML2015-22 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.112 
ページ範囲 pp.181-185 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-IBISML-2015-06-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会