電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-06-19 10:50
特徴点ベースによるモデルフリーの物体動線検出
西野博貴・○齊藤剛史九工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本論文では,特徴点ベースによるモデルフリーの物体動線検出手法を提案する.最初に各フレームで検出される特徴点をフレーム間で接続し,時間軸に対して短い仮フローを生成する.次に,仮フローに対する連結・統合処理により移動物体のフローを検出し,統合処理されないフローを削除する.最後にフローの移動量に基づき移動物体の動線のみを検出する.公開データセットを用いた実験を通じて,提案手法が人物だけでなく,自転車や車などの動線を検出できることを確認した.またオフライン処理であるが,複数の移動物体の動線検出が可能であり,さらに混雑環境下においても頑健であることを確認した. 
(英) This paper proposes a feature points-based model-free object trajectory detection method. In our method, fi rst, feature points detected by each frame are connected between the frames and short temporary flows are generated to the time axis. Next flows of moving objects are detected by connection and integration processes, and flows that are not integrated are deleted. Finally, the object trajectories are detected based on the amount of
movement of the flow. It was con firmed that proposed method is able to detect the trajectories of bicycle and car as well as the person through various experiments using two public data sets. Moreover, the proposed method is
off-line processing, but it was con firmed that the proposed method can be detect multiple trajectories, and is robust in the crowded environment.
キーワード (和) 物体動線検出 / 特徴点ベース法 / モデルフリー / / / / /  
(英) object trajectory detection / model-based method / model-free method / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 98, PRMU2015-55, pp. 137-142, 2015年6月.
資料番号 PRMU2015-55 
発行日 2015-06-11 (PRMU, SP, WIT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 WIT SP ASJ-H PRMU  
開催期間 2015-06-18 - 2015-06-19 
開催地(和) 新潟大学駅南キャンパス「ときめいと」 
開催地(英)  
テーマ(和) 福祉/音声/聴覚/パターン認識メディア理解一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2015-06-WIT-SP-H-PRMU 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 特徴点ベースによるモデルフリーの物体動線検出 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Feature Points-based Model-Free Object Trajectory Detection 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 物体動線検出 / object trajectory detection  
キーワード(2)(和/英) 特徴点ベース法 / model-based method  
キーワード(3)(和/英) モデルフリー / model-free method  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 西野 博貴 / Hiroki Nishino / ニシノ ヒロキ
第1著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: kyutech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 齊藤 剛史 / Takeshi Saitoh / サイトウ タケシ
第2著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: kyutech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-06-19 10:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-PRMU2015-55,IEICE-SP2015-24,IEICE-WIT2015-24 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.98(PRMU), no.99(SP), no.100(WIT) 
ページ範囲 pp.137-142 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PRMU-2015-06-11,IEICE-SP-2015-06-11,IEICE-WIT-2015-06-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会