電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-06-18 14:25
空気/体内伝導マイクを併用した雑音環境下における非可聴つぶやき強調法とその評価
田尻祐介田中 宏戸田智基グラム ニュービッグサクリアニ サクティ中村 哲奈良先端大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) サイレント音声コミュニケーションの実現に向けて,非可聴つぶやき(Non-Audible Murmur: NAM)を専用の体表密着型マイクで収録する枠組みが提案されている.しかし,体内伝導収録された音声の音響特徴量は,通常の空気伝導収録された音声のものと異なり,明瞭性および自然性が大きく劣化する.これを解決するため,統計的手法に基づき,NAMを通常音声やささやき声へと変換するNAM強調法が提案されている.ただし,従来の研究では,NAMを遮音室のような静穏環境下で収録しているため,実環境へ適用するには,外部雑音の影響を考慮する必要がある.本研究では,外部雑音に対する頑健性向上に向けて,体内伝導マイクおよび通常の空気伝導マイクを併用した2チャネルNAM強調法を提案する.実験的評価結果から,空気/体内伝導マイクを併用し,さらに,外部雑音の混入による直接的な影響と,外部雑音によって引き起こされる発話様式変化とを考慮した変換モデルを構築することで,雑音環境下における音響特徴量変換精度を大幅に改善できることを示す. 
(英) As one of the silent speech interfaces, Non-Audible Murmur (NAM) microphone which can detect an extremely soft whispered voice has been developed. Although NAM is a promising medium for silent speech communication, its intelligibility and naturalness are significantly degraded by acoustic changes caused by body-conductive recording. To address this issue, several enhancement methods based on statistical voice conversion techniques have been proposed, and their effectiveness has been confirmed in quiet environments. However, it can be expected that NAM will be used not only in quiet, but also in noisy environments, and it is thus necessary to develop enhancement methods that will also work in these cases. In this report, we propose a framework for NAM enhancement using the NAM microphone and an air-conductive microphone. Experimental results demonstrate that the proposed framework is capable of significantly improving enhancement performance in noisy environments by considering not only the effect of noise contamination but also speaking style changes caused by the noise.
キーワード (和) サイレント音声コミュニケーション / 非可聴つぶやき / 統計的声質変換 / 空気/体内伝導音声信号 / ロンバード効果 / / /  
(英) silent speech communication / Non-Audible Murmur / statistical voice conversion / air- and body-conducted speech signal / Lombard effect / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 99, SP2015-11, pp. 59-64, 2015年6月.
資料番号 SP2015-11 
発行日 2015-06-11 (PRMU, SP, WIT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 WIT SP ASJ-H PRMU  
開催期間 2015-06-18 - 2015-06-19 
開催地(和) 新潟大学駅南キャンパス「ときめいと」 
開催地(英)  
テーマ(和) 福祉/音声/聴覚/パターン認識メディア理解一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SP 
会議コード 2015-06-WIT-SP-H-PRMU 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 空気/体内伝導マイクを併用した雑音環境下における非可聴つぶやき強調法とその評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Non-Audible Murmur Enhancement Method using Air- and Body-Conductive Microphones in Noisy Environments and its Evaluation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) サイレント音声コミュニケーション / silent speech communication  
キーワード(2)(和/英) 非可聴つぶやき / Non-Audible Murmur  
キーワード(3)(和/英) 統計的声質変換 / statistical voice conversion  
キーワード(4)(和/英) 空気/体内伝導音声信号 / air- and body-conducted speech signal  
キーワード(5)(和/英) ロンバード効果 / Lombard effect  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 田尻 祐介 / Yusuke Tajiri / タジリ ユウスケ
第1著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 宏 / Kou Tanaka / タナカ コウ
第2著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 戸田 智基 / Tomoki Toda / トダ トモキ
第3著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) グラム ニュービッグ / Graham Neubig /
第4著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) サクリアニ サクティ / Sakriani Sakti /
第5著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 哲 / Satoshi Nakamura / ナカムラ サトシ
第6著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-06-18 14:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SP 
資料番号 IEICE-PRMU2015-42,IEICE-SP2015-11,IEICE-WIT2015-11 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.98(PRMU), no.99(SP), no.100(WIT) 
ページ範囲 pp.59-64 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PRMU-2015-06-11,IEICE-SP-2015-06-11,IEICE-WIT-2015-06-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会