電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-06-18 12:00
パラメトリックスピーカにおける非線形歪み補正に関する検討 ~ 被変調信号の振幅を変えた場合について ~
羽田野佑太木下 聡史 創梶川嘉延関西大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) パラメトリックスピーカの再生音には多くの非線形歪みが含まれている.そこで我々は非線形歪み補正法としてVolterra フィルタによる非線形歪み補正法を行っている.本稿では,パラメトリックスピーカの入力信号の振幅を変化させた際についての検討を行った.その結果,入力信号の振幅が大きいと高次の歪みによる影響が大きく2次Volterra 核を精確に同定することができないため,非線形歪み補正量は入力信号の振幅が小さい場合と比較して減少することがわかった.しかし,その対策法として,2 次非線形歪みと4 次非線形歪みを分離し同定することにより,同定精度を向上し補正性能を向上させることができた. 
(英) Reproduction sound of the parametric array loudspeaker (PAL) contains many nonlinear distortions.
Nonlinear distortions can be compensated by using the linearization system based on Volterra lters. In this paper,
we compare the compensation amount of nonlinear distortions in cases where the amplitude of the input signal to
the PAL is changed. As a result, the compensation amount is decreased for large input signal compared with small input signal because the small input signal yields inaccurate Volterra kernels. We therefore propose an identification method where the 2nd order Volterra kernel is identified by separating the 2nd and 4th order nonlinear components in order to increase the estimation accuracy. Experimental results demonstrate that the proposed identification method can improve the identification accuracy and yield high compensation ability to the linearization system compared with the conventional identification method.
キーワード (和) Volterra フィルタ / パラメトリックスピーカ(PAL) / 非線形歪み / 全高調波歪み率(THD) / / / /  
(英) Volterra fiter / Parametric Array Loudspeaker(PAL) / Nonlinear Distortion / Total Harmonic Distortion (THD) / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 89, SIP2015-50, pp. 99-102, 2015年6月.
資料番号 SIP2015-50 
発行日 2015-06-10 (CAS, VLD, SIP, MSS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MSS CAS SIP VLD  
開催期間 2015-06-17 - 2015-06-18 
開催地(和) 小樽商科大学 
開催地(英) Otaru University of Commerce 
テーマ(和) システムと信号処理および一般 
テーマ(英) System, signal processing and related topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIP 
会議コード 2015-06-MSS-CAS-SIP-VLD 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) パラメトリックスピーカにおける非線形歪み補正に関する検討 
サブタイトル(和) 被変調信号の振幅を変えた場合について 
タイトル(英) Compensation of Nonlinear Distortions for Parametric Array Loudspeakers 
サブタイトル(英) In the case of changing the amplitude of input signal 
キーワード(1)(和/英) Volterra フィルタ / Volterra fiter  
キーワード(2)(和/英) パラメトリックスピーカ(PAL) / Parametric Array Loudspeaker(PAL)  
キーワード(3)(和/英) 非線形歪み / Nonlinear Distortion  
キーワード(4)(和/英) 全高調波歪み率(THD) / Total Harmonic Distortion (THD)  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 羽田野 佑太 / Yuta Hatano / ハタノ ユウタ
第1著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 木下 聡 / Satoshi Kinoshita / キノシタ サトシ
第2著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 史 創 / Chuang Shi / シ チュアン
第3著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 梶川 嘉延 / Yoshinobu Kajikawa / カジカワ ヨシノブ
第4著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-06-18 12:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SIP 
資料番号 IEICE-CAS2015-19,IEICE-VLD2015-26,IEICE-SIP2015-50,IEICE-MSS2015-19 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.87(CAS), no.88(VLD), no.89(SIP), no.90(MSS) 
ページ範囲 pp.99-102 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-CAS-2015-06-10,IEICE-VLD-2015-06-10,IEICE-SIP-2015-06-10,IEICE-MSS-2015-06-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会