お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-06-18 13:40
Occlusion Handling by Depth-value Separation in Indoor Object Detection and Tracking for Range Sensor Device
Houari SabirinHiroshi SankohSei NaitoKDDI Labs.IE2015-34
抄録 (和) オクルージョンの伴う状況下で、動物体の抽出や追跡を正確に行うことは極めて難しい
技術課題である。距離センサーからは、色情報を得ることができなが、距離データを参
照することができ、色情報と同様に動物体に追跡に利用することが可能である。さら
に、距離データに対してWatershedアルゴリズムを応用することで、重なり領域の複数オ
ブジェクトへの分割など、オクルージョンへの対応が可能となる。実験結果より、提案
したオブジェクト分割手法によって、オクルージョン領域への対処が良好に行われてい
ることを示す。 
(英) Consistently identifying moving objects in object detection and tracking system when occlusion occurred is somewhat a great challenge when the information of the objects are insufficient. While no color information can be extracted from the range device, the depth information can be used in the similar manner as color information to track the moving objects in time. Moreover, by utilizing watershed algorithm for the depth information, occlusion handling by separating two or more objects via segmentation of the merged depth value can be achieved. Experimental results show that the separation is reliable to consistently identify objects even during occlusion.
キーワード (和) デプスベースの物体追跡 / オクルージョンハンドリング / オブジェクト分離 / / / / /  
(英) depth-based object tracking / occlusion handling / object separation / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 96, IE2015-34, pp. 11-16, 2015年6月.
資料番号 IE2015-34 
発行日 2015-06-11 (IE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IE2015-34

研究会情報
研究会 IE  
開催期間 2015-06-18 - 2015-06-19 
開催地(和) 沖縄セルラー電話 
開催地(英) Okinawa Cellular 
テーマ(和) 画像処理・符号化および一般 
テーマ(英) Image Processing and Coding, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IE 
会議コード 2015-06-IE 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Occlusion Handling by Depth-value Separation in Indoor Object Detection and Tracking for Range Sensor Device 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) デプスベースの物体追跡 / depth-based object tracking  
キーワード(2)(和/英) オクルージョンハンドリング / occlusion handling  
キーワード(3)(和/英) オブジェクト分離 / object separation  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) Houari Sabirin / Houari Sabirin /
第1著者 所属(和/英) KDDI R&D Laboratories, Inc. (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories, Inc. (略称: KDDI Labs.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) Hiroshi Sankoh / Hiroshi Sankoh /
第2著者 所属(和/英) KDDI R&D Laboratories, Inc. (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories, Inc. (略称: KDDI Labs.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) Sei Naito / Sei Naito /
第3著者 所属(和/英) KDDI R&D Laboratories, Inc. (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories, Inc. (略称: KDDI Labs.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-06-18 13:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IE 
資料番号 IEICE-IE2015-34 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.96 
ページ範囲 pp.11-16 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IE-2015-06-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会