電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-06-09 11:30
分散情報源符号化定理に基づく階層型ロスレス映像符号化
仲地孝之藤井竜也NTT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 分散情報源符号化(DSC: Distributed Source Coding)が対象とするモデルでは、相関のある情報源をそれぞれ独立に符号化を行い、復号側で情報源の相関を利用して復号する。本稿では、DSC定理を利用した階層構造を持つロスレス映像符号化を提案する。ベースレイヤはイントラ符号化により低遅延ストリーミングを行う一方、拡張レイヤでは素材蓄積のための
ロスレス符号化を行う。DSC定理に基づき動き推定など高負荷処理をネットワークで行うことで、端末は軽量で実現できる。提案法では、階層構造のレイヤ間相関を利用することで
動きベクトルの推定精度を向上させるとともに、ウェーブレット変換領域での残差を補償することで符号化効率を改善する。シミュレーションにより、従来のDSC定理に基づく方法と比較して、符号化効率が向上することを示す。 
(英) The distributed source coding (DSC) theorem concerns encoding of correlated information sources, without letting the sources communicate with each other to exploit the inter source redundancy. In this paper, we propose a lossless layered video coding scheme based on the DSC theorem. Motion JPEG2000 is performed as a base layer coder for real-time streaming and the Slepian-Wolf (SW) coder based on the DSC theorem is used as an enhancement layer coder. Computational burden is shifted to network side and this scheme achieves low-complexity encoder. The proposed SW coder introduce the discrete wavelet transform to improve lossless coding performance. Simulation results show that the proposed scheme gives high coding performance over the conventional DSC based lossless video coding methods.
キーワード (和) 分散情報源符号化 / DVC / 階層符号化 / 映像伝送 / ロスレス符号化 / / /  
(英) Distributed Source Coding / Distributed Video Coding / Layered Coding / Video Transmission / Lossless Coding / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 75, SIS2015-13, pp. 69-74, 2015年6月.
資料番号 SIS2015-13 
発行日 2015-06-01 (SIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SIS  
開催期間 2015-06-08 - 2015-06-09 
開催地(和) アルカスSASEBO(長崎佐世保) 
開催地(英) Arkas SASEBO 
テーマ(和) スマートパーソナルシステム,一般 
テーマ(英) Smart Personal Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIS 
会議コード 2015-06-SIS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 分散情報源符号化定理に基づく階層型ロスレス映像符号化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Layered Lossless Video Coding based on Distributed Source Coding Theorem 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 分散情報源符号化 / Distributed Source Coding  
キーワード(2)(和/英) DVC / Distributed Video Coding  
キーワード(3)(和/英) 階層符号化 / Layered Coding  
キーワード(4)(和/英) 映像伝送 / Video Transmission  
キーワード(5)(和/英) ロスレス符号化 / Lossless Coding  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 仲地 孝之 / Takayuki Nakachi / ナカチ タカユキ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤井 竜也 / Tatsuya Fujii / フジイ タツヤ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-06-09 11:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 SIS 
資料番号 IEICE-SIS2015-13 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.75 
ページ範囲 pp.69-74 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SIS-2015-06-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会