電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-06-09 10:20
補助フィルタによるバイアスフリーPre-inverse型ANCの実装
皆木亮祐大槻和志笹岡直人伊藤良生鳥取大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) Active Noise Control(ANC)としてFiltered-x NLMS(Normalized Least Mean Square)が知られているが,2次経路変動によりシステムの推定精度の低下や安定性に影響を与える.それを解消するために提案されたPre-inverse型ANCは2次経路の逆伝達関数を推定し,その特性を2次経路の前段に配置する.これにより,制御フィルタはFiltered-x法と異なり1次経路のみを推定することができる.つまり,2次経路の制御が独立であるためモデル化誤差の影響を受けにくい.しかし,2次経路の推定に入力誤差法を用いるためタップ係数の入力に外乱成分が含まれバイアス誤差が発生する.そのため2次経路に対し補助フィルタを並列に配置しシステム同定を行い,補助フィルタに対し縦続に2次経路の逆特性を推定するフィルタを配置する.これにより2次経路推定におけるバイアス誤差を抑えることができる.本稿ではDSP実装により提案法の有効性を確認した. 
(英) As an active Noise Control, filtered-x is widely used. Unfortunately, the filtered-x has a modeling error problem by second path characteristic change. Thus, the filtered-x ANC degrades its performance and become unstable. In order to solve the problem, a pre-inverse type ANC has been proposed. The method estimates the inverse transfer function of secondary path, and the filter which has the invers transfer function is adopted after a control filter. Therefore, an ANC can use a flat delayed signal instead of a filtered input noise, and then the ANC can becomes stable. However, since conventional pre-inverse type ANC uses a series adoptive filter to estimate the inverse transfer function, the estimation accuracy is degraded due to bias error. This paper adapts a sub filter which estimates secondary path as parallel type system identification. Thus, the inverse transfer function can be estimated with bias free. In the paper, the proposed ANC is implemented in DSP.
キーワード (和) フィードフォワード型能動騒音制御 / 適応フィルタ / / / / / /  
(英) feed forward type active noise control / Adaptive Filter / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 75, SIS2015-10, pp. 51-56, 2015年6月.
資料番号 SIS2015-10 
発行日 2015-06-01 (SIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SIS  
開催期間 2015-06-08 - 2015-06-09 
開催地(和) アルカスSASEBO(長崎佐世保) 
開催地(英) Arkas SASEBO 
テーマ(和) スマートパーソナルシステム,一般 
テーマ(英) Smart Personal Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIS 
会議コード 2015-06-SIS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 補助フィルタによるバイアスフリーPre-inverse型ANCの実装 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Implementation of Bias Free Pre-inverse Active Noise Control with Sub Filter 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) フィードフォワード型能動騒音制御 / feed forward type active noise control  
キーワード(2)(和/英) 適応フィルタ / Adaptive Filter  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 皆木 亮祐 / Ryousuke Minagi / ミナギ リョウスケ
第1著者 所属(和/英) 鳥取大学 (略称: 鳥取大)
Tottori University (略称: Tottori Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大槻 和志 / Kazushi Otsuki / オオツキ カズシ
第2著者 所属(和/英) 鳥取大学 (略称: 鳥取大)
Tottori University (略称: Tottori Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 笹岡 直人 / Naoto Sasaoka / ササオカ ナオト
第3著者 所属(和/英) 鳥取大学 (略称: 鳥取大)
Tottori University (略称: Tottori Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 良生 / Yoshio Itoh / イトウ ヨシオ
第4著者 所属(和/英) 鳥取大学 (略称: 鳥取大)
Tottori University (略称: Tottori Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-06-09 10:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 SIS 
資料番号 IEICE-SIS2015-10 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.75 
ページ範囲 pp.51-56 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SIS-2015-06-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会