電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-06-09 11:10
分散ストレージにおけるディスク修復時の通信量を削減する非正則Flat XOR符号の構成法
吉田由唯外村喜秀仲地孝之白井大介藤井竜也NTT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 分散ストレージシステムの信頼性を高めるため,再生成符号やPyramid符号などの消失訂正符号が研究されている.これらの符号は,ストレージ容量効率・故障ノードの修復に要する通信量・修復時にアクセスするノード数などの観点で最適化されているが,計算負荷が大きい点が課題となっている.一方で,XOR演算により計算負荷を抑えたFlat XOR符号はディスク修復に必要な通信量が最小化されておらず,非正則構成の行列を利用することにより通信量を削減可能である.しかし,非正則Flat XOR符号を設計可能な符号長は限定されており,分散数の大きいストレージシステムに適用することができなかった.本稿では,広範囲の符号長に適用可能なFlat XOR符号の非正則構成法を提案する.提案法の利用により,符号の探索に必要な演算量が大幅に削減され,多地点に分散したストレージシステムへのFlat XOR符号の適用が可能となった.提案法は従来法と比較してディスク修復時のディスク修復通信量を削減するとともに,疎行列のXOR計算により従来法に比べて小さい演算負荷で冗長性を担保することが可能である. 
(英) To ensure the reliability of distributed storage systems, multi-disk fault tolerant erasure codes have been studied. A flat XOR code is one of the sparse graph codes designed for distributed storage systems. It encodes and decodes data by exclusive OR (XOR) operation with low complexity. However, conventional constructions of flat XOR codes are not optimal in terms of repair bandwidth. In this paper, we propose novel constructions of irregular flat XOR codes for a wide range of code lengths that reduce repair bandwidth and complexity. Our irregular flat XOR codes can remarkably reduce repair bandwidth and computational complexity compared to conventional flat XOR, RS codes and the codes designed by the Monte-Carlo method.
キーワード (和) 分散ストレージ / 消失訂正符号 / 疎グラフ符号 / Flat XOR符号 / / / /  
(英) Distributed Storage / Erasure Codes / Sparse Codes / Flat XOR Codes / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 75, SIS2015-12, pp. 63-68, 2015年6月.
資料番号 SIS2015-12 
発行日 2015-06-01 (SIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SIS  
開催期間 2015-06-08 - 2015-06-09 
開催地(和) アルカスSASEBO(長崎佐世保) 
開催地(英) Arkas SASEBO 
テーマ(和) スマートパーソナルシステム,一般 
テーマ(英) Smart Personal Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIS 
会議コード 2015-06-SIS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 分散ストレージにおけるディスク修復時の通信量を削減する非正則Flat XOR符号の構成法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A design method of irregular flat XOR codes reducing repair bandwidth in distributed storage systems 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 分散ストレージ / Distributed Storage  
キーワード(2)(和/英) 消失訂正符号 / Erasure Codes  
キーワード(3)(和/英) 疎グラフ符号 / Sparse Codes  
キーワード(4)(和/英) Flat XOR符号 / Flat XOR Codes  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 由唯 / Yui Yoshida / ヨシダ ユイ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 外村 喜秀 / Yoshihide Tonomura / トノムラヨ シヒデ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 仲地 孝之 / Takayuki Nakachi / ナカチ タカユキ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 白井 大介 / Daisuke Shirai / シライ ダイスケ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤井 竜也 / Tatsuya Fujii / フジイ タツヤ
第5著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-06-09 11:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 SIS 
資料番号 IEICE-SIS2015-12 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.75 
ページ範囲 pp.63-68 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SIS-2015-06-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会