お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-06-06 16:15
実行履歴を用いたCプログラム読解問題生成システム
肥田悠汰立岩佑一郎山本大介高橋直久名工大ET2015-22
抄録 (和) 指導者は,学習者のプログラムに対する読解力を向上させることを目的として,読解問題を用いる.この読解問題を作成するに当たり,指導者はソースコードから問題作成箇所を定め,その箇所までの変数の値を追う必要がある.本稿では,プログラムのトレース結果を文ごとにまとめて文の動作を表したデータ(プロジェクション)を作成し,プロジェクションからデータの抽出を行うことで問題作成箇所の提示,問題作成を行うシステムを提案し,その実現法を述べる.指導者はこのシステムを用いることにより,問題作成箇所の決定が容易になり,変数の値を追う必要がなくなる.提案システムは次の2つの機能を持つ.(1)指導者から入力されたソースコードを解析し,プロジェクションを作成する機能.(2)実行履歴から問題作成箇所を提示し,問題を作成する機能. 
(英) Instructors use reading comprehension tests for improvement of reading comprehension about C program. They must decide the point to generate test and trace the value to point for generate reading comprehension tests. This paper proposes a system for making execution traces that show operation of sentence, showing the point to generate test by extracting execution traces, generating tests. This system help instructors to decide the point to generate test. The proposed system has the following functions: (1) a function to generate execution traces by analyzing source code, and (2) a function to show the point generating test to instructors and generate test.
キーワード (和) e-Learning / 読解問題作成 / 実行履歴 / / / / /  
(英) e-Learning / generate reading test / execution trace / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 74, ET2015-22, pp. 67-72, 2015年6月.
資料番号 ET2015-22 
発行日 2015-05-30 (ET) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ET2015-22

研究会情報
研究会 ET  
開催期間 2015-06-06 - 2015-06-06 
開催地(和) 三重大学工学部大会議室 
開催地(英) Faculty of Engineering, Mie Univ. 
テーマ(和) 先進的演習システム/一般 
テーマ(英) Advanced Practice System, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ET 
会議コード 2015-06-ET 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 実行履歴を用いたCプログラム読解問題生成システム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A generator of C program reading comprehension tests using execution traces 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) e-Learning / e-Learning  
キーワード(2)(和/英) 読解問題作成 / generate reading test  
キーワード(3)(和/英) 実行履歴 / execution trace  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 肥田 悠汰 / Yuta Hida / ヒダ ユウタ
第1著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: Nagoya Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 立岩 佑一郎 / Yuichiro Tateiwa / タテイワ ユウイチロウ
第2著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: Nagoya Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 大介 / Daisuke Yamamoto / ヤマモト ダイスケ
第3著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: Nagoya Inst. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 直久 / Naohisa Takahashi / タカハシ ナオヒサ
第4著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: Nagoya Inst. of Tech.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-06-06 16:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ET 
資料番号 IEICE-ET2015-22 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.74 
ページ範囲 pp.67-72 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ET-2015-05-30 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会