電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-05-29 16:20
情報理論におけるエントロピーと蓋然性 ~ 1949年12月のイリノイ大学講演でフォン・ノイマン博士はどのように説明したか ~
得丸公明自然思想家OME2015-23 エレソ技報アーカイブへのリンク:OME2015-23
抄録 (和) 情報理論においてエントロピーは熱力学概念ではないとされてきた.しかし,フォン・ノイマンは1949年12月にイリノイ大学で行った講義の第3回「情報の統計的理論」のなかで,エントロピーをボルツマンの論じた熱力学概念であると述べた.そしてそれは伝送中におきる符号誤りを物理的に引き起こすものであり,誤り訂正符号化という論理的手段によって乗り越えることができることが示されている.同時に彼は,マックスウェル流に形態数の対数がエントロピーだという説明も行っている.この2つの概念は矛盾していないだろうか.
これまでフォン・ノイマンのイリノイ大学での講演は,一部がMITから出版されており,同じ内容が岩波書店から邦訳されているが,著しく内容が抜粋されていて理解しづらいものだった.[1][2] 今回,米国議会図書館の手書き原稿閲覧室で講演全体のタイプ稿(おそらくイリノイ大学がテープ起こししたものと思われる)を見つけたので,これをもとに彼の講演はどうであったかを推測し検討する. 
(英) Dr. von Neumann delivered lectures in December 1949 at Illinois University and in his 3rd lecture, “The Statistical Theory of Information”, he stated that Entropy in Information Theories should be a Thermodynamic concept as Boltzman developed. The entropy causes code errors in channel, which can be overcome logically by error correction coding. However, in the same lecture, he referred to Maxwell’s entropy, which is logarithmic of configuration number. It seems that these two concepts contradict.
To date, his lectures have been very briefly introduced by MIT Press and the same was translated into Japanese by Iwanami.[1] [2] The author discovered the typewritten manuscripts at the U.S. Congress Library and would like to review how he explained.
キーワード (和) 通信路誤り / デジタル / マックスウェルの悪魔 / タイプ理論 / 誤り訂正符号化 / 統計的解析 / 公理的手法 / ユニバーサル・オートマトン  
(英) Channel Coding Errors / Digital / Maxwell's Demon / Type Theory / Error Correction Coding / Statistical Analysis / Axiomatic Method / Universal Automaton  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 68, OME2015-23, pp. 25-30, 2015年5月.
資料番号 OME2015-23 
発行日 2015-05-22 (OME) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード OME2015-23 エレソ技報アーカイブへのリンク:OME2015-23

研究会情報
研究会 OME  
開催期間 2015-05-29 - 2015-05-29 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg 
テーマ(和) 有機エレクトロニクス、バイオテクノロジー、その他一般 
テーマ(英) Organic Electronics Device, Biotechnolpgy, et al. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OME 
会議コード 2015-05-OME 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 情報理論におけるエントロピーと蓋然性 
サブタイトル(和) 1949年12月のイリノイ大学講演でフォン・ノイマン博士はどのように説明したか 
タイトル(英) The Entropy and Probability in Information Theories 
サブタイトル(英) How Dr. John von Neumann explained in his Illinois Univ. Lectures in Dec. 1949 
キーワード(1)(和/英) 通信路誤り / Channel Coding Errors  
キーワード(2)(和/英) デジタル / Digital  
キーワード(3)(和/英) マックスウェルの悪魔 / Maxwell's Demon  
キーワード(4)(和/英) タイプ理論 / Type Theory  
キーワード(5)(和/英) 誤り訂正符号化 / Error Correction Coding  
キーワード(6)(和/英) 統計的解析 / Statistical Analysis  
キーワード(7)(和/英) 公理的手法 / Axiomatic Method  
キーワード(8)(和/英) ユニバーサル・オートマトン / Universal Automaton  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 得丸 公明 / Kimiaki Tokumaru / トクマル キミアキ
第1著者 所属(和/英) 自然思想家 (略称: 自然思想家)
Natural Philosopher (略称: Natural Philosopher)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-05-29 16:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OME 
資料番号 IEICE-OME2015-23 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.68 
ページ範囲 pp.25-30 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-OME-2015-05-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会