電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-05-28 11:35
光無線通信における差動符号化OOKを用いるパンクチャードターボ符号システムの一検討
松田優人ライ サチン茨城大)・小澤佑介東京理科大)・羽渕裕真茨城大
抄録 (和) 光無線通信の信頼性向上法としてターボ符号システムを検討している。特に、変調方式として、差動符号化オンオフキーイング(DOOK)を用いる符号化率$1/2$のパンクチャードターボ符号システムを光無線通信に適用する方式を提案している。本方式は、遅延検波により受信するため、パルス位置変調法などのようにパルス幅の細小化や情報伝送効率を低下させることなく、背景光雑音などの環境光雑音に対応できる。光無線チャネルとして背景光雑音、シンチレーションを考慮した時のビット誤り率性能の評価をコンピュータシミュレーションにより行なっている。ビットあたりの平均受信光電力に対するビット誤り率において、本方式と、パンクチャードターボ符号OOKシステム、スタンダードターボ符号DOOKシステム、従来のDOOKシステムの比較を行なっている。提案方式はパンクチャードターボ符号OOKシステムよりも良好なBER性能を示している。さらに、スタンダードターボ符号OOKシステムよりも良好なBER性能を示している。 
(英) In this paper, a turbo code system for improving the reliability of the optical wireless communication is studied. In particular, the punctured turbo code system, which uses differential on-off keying (DOOK) as the modulation scheme, for the optical wireless communication is proposed. This system can reduce the influence of background noise by using the delay detection. The bit error rate (BER) performance are evaluated in the presence of background noise and scintillation as the optical wireless channel by computer simulation. The proposed system is compared with the punctured turbo coded OOK system, the standard turbo coded DOOK system, and the conventional DOOK system. In particular, it is shown that the proposed system is superior to the punctured turbo coded OOK system. Moreover, the proposed system outperforms the standard turbo coded OOK system.
キーワード (和) 光無線通信 / 誤り訂正符号 / ターボ符号 / オンオフキーイング / 差動符号化 / 遅延検波 / /  
(英) Optical wireless communication / Error correction code / Turbo code / On-Off keying / Differential encode / Delay detection / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 55, WBS2015-4, pp. 17-20, 2015年5月.
資料番号 WBS2015-4 
発行日 2015-05-21 (WBS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 WBS SAT  
開催期間 2015-05-28 - 2015-05-29 
開催地(和) 東京都市大学世田谷キャンパス 
開催地(英) Tokyo City Univ. (Setagaya Campus) 
テーマ(和) 符号化、変復調、信号処理技術及び一般 
テーマ(英) Coding, Modulation, Signal Processing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WBS 
会議コード 2015-05-WBS-SAT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 光無線通信における差動符号化OOKを用いるパンクチャードターボ符号システムの一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study of Punctured Turbo Code system with Differential OOK in optical wireless communication 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 光無線通信 / Optical wireless communication  
キーワード(2)(和/英) 誤り訂正符号 / Error correction code  
キーワード(3)(和/英) ターボ符号 / Turbo code  
キーワード(4)(和/英) オンオフキーイング / On-Off keying  
キーワード(5)(和/英) 差動符号化 / Differential encode  
キーワード(6)(和/英) 遅延検波 / Delay detection  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松田 優人 / Yuto Matsuda / マツダ ユウト
第1著者 所属(和/英) 茨城大学 (略称: 茨城大)
Ibaraki University (略称: Ibaraki Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) ライ サチン / Rai Sachin / ライ サチン
第2著者 所属(和/英) 茨城大学 (略称: 茨城大)
Ibaraki University (略称: Ibaraki Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小澤 佑介 / Yusuke Kozawa / コザワ ユウスケ
第3著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 羽渕 裕真 / Hiromasa Habuchi / ハブチ ヒロマサ
第4著者 所属(和/英) 茨城大学 (略称: 茨城大)
Ibaraki University (略称: Ibaraki Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-05-28 11:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 WBS 
資料番号 IEICE-WBS2015-4 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.55 
ページ範囲 pp.17-20 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-WBS-2015-05-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会